憧れのシチュエーション

恋に夢を見がちなのは女性と思われることも多いですが、案外男性も同じみたい。

なかでも平成にヒットした恋愛ドラマや映画で見るロマンティックなシーンには憧れてしまうことも多いようです。

今回は、男性がこんな恋してみたいな……と感じる、ドラマの中の憧れのシチュエーションについて聞いてみました。

憧れのシチュエーション

電光掲示板で愛の告白

「人生で一番ハマった恋愛ドラマは『ラブジェネレーション』ですね。中でも憧れたシチュエーションが、電光掲示板で告白しあうシーン。

掲示板にメッセージが流れる前に、木村拓哉さん演じる主人公が腕時計を見て“時間だ!俺たちのキスする時間”って言うんです。

それがとにかくかっこいい!といっても、さすがに真似はできませんが……」(30歳/広告会社)

人の目に止まりやすい電光掲示板で愛を告白するシチュエーションは、堂々としていて男らしさを感じちゃいますよね。

女性の皆さんもキュンキュンしちゃったのでは?木村拓哉さん出演のドラマには、印象に残る恋の名シーンがたくさん。

実際には真似できない……そう感じるからこそ、男性は強い憧れを抱いてしまうのかも。

図書室に手紙とプレゼント

「『プロポーズ大作戦』というドラマで、主人公の男子が好きな女子から贈られた誕生日プレゼントの渡し方に憧れる!

渡された手紙には暗号が書いてあって、その暗号を手掛かりに図書室を探すとプレゼントと手紙が置いてあるんです。

プレゼントも男心をくすぐるものだったりして、こんな青春たっぷりの恋してみたかったな……なんて」(25歳/派遣会社)

定番ですが、青春ドラマに登場する恋のワンシーンに男性は弱いよう。

中でも、教室で告白、図書館でキス、など学生時代にしか味わえないシチュエーションは、年齢を重ねるにつれ一層特別に感じられて、気分が盛り上がっちゃうみたいです。

とはいえ、「サプライズの要素を加えてプレゼントを渡す」、これは大人になっても取り入れられそうですね!

奥手男子の憧れ“ハグの日”

憧れのシチュエーション

「僕は『逃げ恥』かな。恋に奥手な僕からすれば、ハグの日を制定するシーンや料理を一緒に作るシーンなんかは、やってみたい!とキュンキュンしちゃいっぱなしでしたね。

それに、女性がひっぱってくれて恋を成就させる展開には終始憧れのまなざしでした……(笑)」(26歳/研究員)

ユニークな展開が話題になった恋愛ドラマですが、恋に奥手な男性からすれば憧れるシチュエーションが盛りだくさん。

なかなか積極的に動けない奥手男子にとっては、女性からハグの日を決められたり、一緒にスキンシップをとる状況を作ってもらえたりとリードされる状況は最高と感じてしまうそうです。

タイプによって憧れのシチュエーションはさまざま

平成は、たくさんの名作ラブストーリー作品が生まれましたね。

同じ恋愛ドラマでも、男性目線だと女性とはまた違ったポイントで憧れを抱くよう。

自分から積極的にいきたい、女性にリードされたいなど、性格によって好みのシチュエーションもさまざまです。

意中の男性に好きなドラマのシーンを聞いてみると、そこから彼の恋愛タイプが浮かび上がってくるかも?

(愛カツ編集部)