デートや合コンにいくとき、何を着ていこうかと悩むことってありますよね。

露出が多いと男性の視線を引くことができるという恋愛テクニックはありますが、しかしやり過ぎては逆効果になってしまうこともあります。

実際にどんなファッションが男性にとってやり過ぎに映るのかご紹介しましょう。

1:ミニスカにニーハイソックス

「ミニスカートにハイソックスっていう格好はちょっとやりすぎかなって思いますね。ちょっと前に“絶対領域”って話題になりましたけど、それを狙っているのかなって思っちゃいますね」(Yさん・26歳男性)

アニメなどでよく出てくるミニスカートにハイソックスというファッション。だからこそ、あざといとして男性には不人気な部分もあるようです。

「アニメは好きだけど、現実の女性にそれは求めてない」という意見もご紹介しておきます。

2:胸のところだけ切り抜かれているトップス

「胸元がざっくり出てるというよりも胸のところだけ切り抜かれている服ってあるじゃないですか。あれはそこだけ切り抜く意味が分からないですね。完全に男の視線を意識した服じゃないですか。だから、やり過ぎな気がします」(Rさん・28歳男性)

胸元が切り抜かれている服は男性からあざといと思われてしまうようです。

特に冬場でそういったニットなどを着ていくと「寒いのか暑いのか分からない」といった感想を持つ男性もいる様子。

3:ショートパンツを隠す大きめなトップス

「シャツとかニットとかトップスが大きくて下に履いているシュートパンツが隠れている感じのファッションはあざといなって思いますよね。下に何も履いてないように見えるじゃないですか。確かにドキッとはするんですけど、ちょっとあざといですね」(Eさん・27歳男性)

大きめなトップスでショートパンツを隠すファッションは一部の男性から不評な様子。

「部屋着としてならアリ」という意見もあったため、場所を選んだ方がいいかもしれません。

4:ローライズパンツ

「ローライズのパンツはちょっとって思いますね。かがんだときにパンツが見えるじゃないですか。それはもう分かってて履いてるってことですよね。たまにお尻の割れ目が見えてる人がいてやり過ぎだと思いました」(Yさん・30歳男性)

ローライズのジーンズなどは男性から不評な様子。下着が見えると分かっていて履いているという部分がイメージダウンに繋がっているようです。

「スキニーの方が足のラインが見えてセクシー」という意見もあったので、そちらを選ぶといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性があざといと感じるファッションをご紹介しました。

男性の視線を気にしたファッションというのは出会いの場では必須でしょう。しかし、あまりにやり過ぎると「狙いすぎ」と思われてしまうようです。

さりげないアピールというのが大事なので、露骨すぎないファッションを心がけることをおすすめします。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)