会話のコツ

男性との距離を縮めるがうまい女性っていますよね。

会話を通して仲良くなることができると、その流れで恋愛対象として意識しやすくなるもの。

そこで今回は、男性との距離を上手に縮める「会話テク」を紹介します。

会話のコツ

挨拶に「ひと言」を加える

まだ距離を感じる男性と仲良くなるためには、ちゃんと挨拶を交わすようにすることが大事です。

そして、徐々に挨拶にひと言をつけ加えるようにしていくと、自然と会話が続くようになります。

「おはようございます。そのアウター、オシャレですね」とか「お疲れ様です。昨日は遅くまで飲んでいたのですか?」なんて聞いてみると、そこから会話が始まるもの。

挨拶だけだと事務的な感じもするので、何でもいいのでひと言をプラスすることで、男性の受ける印象も大きく変わるはずですよ。

自分から「心を開く」

気になる男性との距離を縮めるには、お互いが心を開いて会話をできるようになることが重要。

まずはあなたから心を開いて接するようにすると、男性も心を開いてくれるようになるでしょう。

そのためには、上っ面な話ばかりではなく、プライベートの話や恥ずかしい話、失敗談などを語るようにすると、一気に壁がなくなるはず。

段階的に、他の人には話していない悩みや相談を打ち明けてみると、「俺のことを信用してくれている」と感じるので、男性は嬉しいものですよ。

「砕けた口調」を入れ込む

いつまでもずっと硬い口調で話していると、関係性もずっと変わらないままでしょう。

どうしても一線を引かれているような気分にもなるので、男性も近づくに近づけなくもなるかも。

気になる男性に対しては、失礼にならない程度に少しずつタメ口などの「砕けた口調」を入れ込むようにすると、自然と親近感が湧いてきます。

また、「○○くんはやさしいもんね」とか「○○さんは特別だもん」なんて、相手の名前も入れると、さらに仲のいい感じを演出することもできますよ。

「盛り上がり」を共有する

話していて「共感」や「共有」をする部分が多いと、とても気が合う相手という印象を持つもの。

特に、会話中の「盛り上がり」を一緒に共有できると、単純に話していて楽しいし、気分の高揚度もグンと上がるはずです。

「そうそう!それわかります!」とか「絶対そうですよね!」などと、盛り上がったところではやや大げさに同調するのはひとつのテク。

考え方が似ていたり、共通の話題ができたりと、男性もあなたのことは他の女性とは違った存在として感じるようになります。

おわりに

楽しく会話ができる女性とは、当然ながら打ち解けるのも早くなります。

ちょっとしたコツを知っているだけで、会話のしやすさや盛り上がり具合が変わってきます。

好きな男性との距離も一気に縮められるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)