脈なし女子への態度

付き合うつもりはないけど、自分に好意のある女子はキープしておきたい。

そんなズルい男に引っかかって貴重な時間をムダにしたくないですよね。

今回は、男子が無意識に見せる「脈なしサイン」をお伝えします。

当てはまっていたら、さっさと諦めて次に行った方がいいかもしれません!

脈なし女子への態度

サイン1:自分の話しばかりする

男子は脈なし女子との会話で、時間をもてあましがち。よって、自分のことを話す時間が長くなります。

仕事の話、最近のできごと、自分に趣味の話、自慢話などなど、相手が聞きたいかどうかというよりも、間が持たないので、なんとか時間いっぱい話し切る……そういう気持ちが裏にあります。

男子が自分の話を何度もする場合は、脈なしの可能性が高いと考えましょう。

脈あり女子に対しては、相手のことを知りたいために質問しますし、アピールしすぎて引かれないよう気遣って相手の話をちゃんと聞こうとするものです。

サイン2:近場でのデートがほとんど

男子は脈なし女子に対しては、とにかく省エネを心がけます。

最寄り駅付近でのランチや居酒屋など、短い時間でさくっと行ける場所で、短時間なデートが多い場合、脈なしの可能性が大です。

脈なし女子には、体力・気力をできるだけ使いたくないのです。

なお、初デートの時は、男子は自分のよくしっているところで余裕を持ってデートをしたいと考えてますので、それは除外しましょう。

サイン3:服装がいつも一緒

脈なし女子に対しては、ファッションも省エネ。

何度かデートをしていて、男子側の服装がほとんど同じであれば、「脈なし」サインです。

お洒落よりも気楽さを、コンビネーションを変えるよりもいつも着慣れているものを……といったように、ラクな方へラクな方へと偏っていくのです。

ただし、一緒に買った服、あなたが選んだ服などは、むしろ男子からの脈ありサインになりますので、誤解しないように注意しましょう。

サイン4:すぐに解散

ランチをして、ランチを食べたらすぐに解散。映画を観終わったらすぐ解散。

デート中に特にぶらぶらしたり、一緒に散歩をしたりなど、余裕がないことが続いた場合、脈なしサインだと考えましょう。

「さっさとデートを終わらせて帰りたい」という姿勢の表れです。

本命女子に対しては、名残惜しくて「このあとお茶しない?」とデートを長引かせたり、サプライズを計画したりしますが、脈なし女子に対しては特にそういうことはしません。

サイン5:時計やスマホを気にする

本命女子とのデートで、スマホや時計をしきりに見る……そんな男子はいません。

むしろ時間を忘れてしまったり、普段だとありえないような感じになってわたわたしてしまったり……男子とは実は本命女子の前では意外とやらかしてしまうものです。

しかし、脈なし女子に対しては、非常に冷静に、そして、きっちりと時間通りに終えようとしますので、スマホや時計を頻繁にチェックします。

時間を気にしたり、電車の時間をチェックしたり、メールを読んだり……。時計やスマホをちらちら見るデートが続いてきたら、かなりの確率で脈なしだと考えましょう。

本命とのあからさまな差……

男子は本命女子と脈なし女子では明らかに扱いが異なります。

今回のサインを1つでも見つけたら、恋愛対象として引き続きロックオンするのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)