男性が怒る言葉

デート中、男性を褒めたのに反応がイマイチだったことってありませんか?

実は女性を褒めるのと同じ台詞で男性を褒めても褒め言葉にならないことがあるんです。

実際にどんな言葉をいうと男性を怒らせてしまうのか、具体的にご紹介しましょう。

男性が怒る言葉

1:「色白いね!」

「ついこの間、女性から“色が白いですね!”って言われたんですけど、微妙な気持ちになりましたね。そのあと“褒め言葉ですよ!”って言われましたけど、全然嬉しくなかったです」(Hさん・27歳男性)

「色白ですね!」といった台詞や「透明感ありますね」といった台詞は男性にとっては褒め言葉にならないことが多いです。

その理由は「ひ弱」と言われているように感じてしまうから。男らしくないことにコンプレックスを抱いていることもあるので、控えた方がよさそう。

2:「いい人ですよね」

「女性からたまに言われるんですけど、“いい人ですよね”って台詞は褒め言葉にならないですね。基本的に恋愛も“いい人”どまりで、全く相手にされませんから。本当は“どうでもいい人”なんじゃないかって思ってます」(Tさん・29歳男性)

「いい人」という台詞はときに褒め言葉にならないことがあります。

同性に言われるなら褒め言葉になりますが、異性から言われると「恋愛対象外」と言われているように感じるからです。

女性によっては「アプローチをかけられるのが嫌だなって感じたら“いい人ですよね”っていって防御線を張る」といった人もいました。

3:「まじめですね!」

「口下手な性格とメガネっていう外見から“まじめそうですよね”とか“まじめだよね”って言われるけど、それってつまり面白みがないってことですよね」(Nさん・30歳男性)

「まじめ」も褒め言葉として受け取られない代表的な台詞です。なぜなら「仕事できますね」という具体的な褒め言葉があるからです。

これと言って仕事が出来る印象もないけれど勤怠だけはしっかりしている人に向けた褒め言葉という印象を受けてしまうそう。

4:「意外とかっこいいね」

「たまに言われるんですけど“意外とかっこいいね”とか言われると“え?”って思いますね。“意外と”ってことはつまり“あなたはかっこよくないのが当然”っていっているようなものじゃないですか」(Gさん・28歳男性)

“意外”の対義語は“当然”です。つまり「意外とかっこいい」と言うことは「当然かっこよくない」といっているのと同じ事。

「普段は全くかっこよくないしハンサムでもないけれど、光の加減とか、奇跡的なアングルを見つけたらかっこよく見えないこともない」と言われている気がするという男性もいました。

褒めたいなら、“意外”や“思ったより”といった台詞をつけない方がいいでしょう。

素直は正義!

今回は男性が褒め言葉に感じない台詞をご紹介しました。今までそれ程気にせずに言っていませんでしたか?

男性はプライドが高く繊細な生き物。「意外とかわいいかもね」と言われたら女性も褒め言葉には感じませんよね? 男性もそれと同じです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)