冷蔵庫の中にあるもので手料理を作ると、彼が「この子と結婚したい」と思ってくれる――こんなことがあるサイトに書かれてありました。

なんか微笑ましいなあと思ったのだけど、でも、男心って、そんな甘っちょろいもんじゃあないんですよね。残念ながら。

では、あなたが何をすれば彼は「この子と結婚したい!」と思ってくれるのでしょうか?

男性に結婚したいと思わせる

男子の結婚願望

まず話の大前提として、男子にもめちゃ結婚したい時期があるということがあります。女子に結婚願望がMAXになって「もう誰とでもいいから結婚したい」と思う時期があるように、男子にもそういう時期がある。

そのような気持ちは、ふと湧いてくるんですね。いつ湧いてくるのか、どこから湧いてくるのか、本人にもまったくわかりません。ただ、ある時ある瞬間、ふわっと湧いてくるんです。

たとえば、友達の結婚式に参加した時に湧いてくる人もいれば、何回結婚式に参加しても湧いてこない人もいます。

何回も付き合う別れるを繰り返す中で、これ以上誰かのことを傷つけたくないと思って、次に付き合った人と即結婚する男子だっています。反対に、何回付き合う別れるを繰り返しても、そうはならない人もいます。

その1「お金なんかなくていいから」

では、そういう「よくわけのわからない男」に、あなたが何をすれば彼が結婚したいと思ってくれるのか?

1つには、「お金がなくてもいいから結婚しよ」と、あなたが彼に言うことです。男子にとって結婚とは「お金がないとできないこと」です。そして現実問題として、彼にはお金がない。年収300万ちょっとで貯金などあるはずがない。だから彼は「金がない俺となんか、彼女は結婚したいと思わないだろう」とあきらめているのです。

だから「お金なんかなくていいから結婚しよ」と言うこと!

その2「病める時も貧しい時も」

男子にとって結婚とは、病める時も貧しい時も、互いに支え合うセーフティーネットのようなものです。女子のように、結婚を「人生のバージョンアップ」とも思っていないし、結婚生活をキラキラしたものとも思っていません。「少なくとも今以上に不幸にならないために」彼は結婚します。

なので、あなたが彼に対して「あなたが貧しい時も病める時も、つねにわたしはあなたの味方です」というのをアピールすると、彼の気持ちが結婚の方に寄る可能性は出てくるでしょうね。

その3_相手が欲しいと思っているものを差し出すこと

優秀な歩くATMと結婚したいと思っている女子がいるように、男子の中には優秀な風俗嬢と結婚したいと思っている人もいます。

あまり赤裸々に書くべきことでもないと思いますが、でも結婚って純粋で美しい側面だけしか持っていないわけじゃあないですよね。ソリッドなザラっとした部分も持っています。

なので、相手が欲しいと思っているものを差し出すことができれば、彼の気持ちが結婚の方に寄る可能性は出てくるでしょうね。

おわりに

いかがでしょうか。

結婚に関する男の真実は、「自分でもいつなんどき結婚願望が湧き出てくるのかわからない」です。男女ともに、この事実を前に謙虚になることが、まずは大切じゃないかなと思います。

いつなんどき湧き出てくるかわからないのだから、つねに彼に「結婚前提の姿勢で」「精一杯」付き合うのです。精一杯、悔いのないまでやってダメならダメ。究極的にはそうとしか言えないのが、結婚でしょう。

がしかし、ガッカリすることはありません。周囲を見渡せばよくわかるように、多くの人は、「それでも」「どうにか」幸せに結婚しています。だから、ダメなものはダメであっても、そう悲観することもないでしょう。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)