愛想がいいけどモテない

「女は愛想がいい方がモテる!」と言われた経験ありませんか?

しかし、愛想がいいからって必ずしも彼氏ができるわけではありませんよね。

愛想がいいのに彼氏ができないのはなぜ?今回はその理由を男性たちに聞いてみました。

愛想がいいけどモテない

裏の顔がありそう

「愛想が良いい初対面の印象は良いけど、いつ会っても完ぺきな笑顔だったりすると逆に怖くなります。誰だって体調が微妙なときとか、イライラしているときとかあるはずでしょ? それが見えなさすぎるのって裏の顔がありそう。愛想が良い人に限ってキレると手が付けられなさそう……。」(29歳/コンサルティング)

愛想よく振舞うためには、多少の我慢を強いられることは確かでしょう。

だからこそ、いつも愛想がいい面ばかりを見せられると怖くなってしまうこともあるんですね。

彼氏になったら寄りかかってこられそう

「愛想がいいなって思った子と付き合ったことがあるんですけど、そういう子に限って付き合うと寄りかかってくるんです。会社であった嫌なことを毎晩聞かされたり、友達に対する不満をぶつけられたり。愛想がいいように見えるのは、普段から感情を表に出せないせいなのかもって思うようになりました」(25歳/ゲーム)

先ほどの男性も予想していたように、愛想よく振舞っている女性の中には、感情表現が苦手で親しい人にしか本音を語れないという人もいるよう。

だからこそ、彼氏になった瞬間から、気を遣う相手という認識はなくなり、依存度が高くなってしまうのかもしれません。

自分のことを好きだとは思えない

「誰に対しても愛想がいい人って、本当は誰が好きなのかが掴めないんです。こっちが気になっててもアプローチしづらいんですよ。勘違いされたって思われるのは恥ずかしいし……。わかりやすく自分にだけ好意を示してくれる方が声をかけやすいです」(30歳/販売)

確かに、誰に対しても愛想よく振舞える人は、特定の人に好意を向けていても周りからはバレにくそうです。

男の人だって、自分に好意を持ってくれている人の方がアプローチしやすいもの。

お互いに相手の気持ちを探り合っているだけで、恋愛に発展する機会を逃してしまっているのかも!?

おわりに

愛想がいい人は同性からは特に人気が高いですよね。

ですが、愛想がよすぎると「何か裏があるかも」と勘繰られたり、愛想がいいせいで好意を上手く伝えられなかったりもするようです。

なかなか微妙な加減が難しいですね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)