理解できないこと

例えば好きな人であっても、男性の興味や趣味を理解できないことってありますよね。

仕方ないとはわかっていつつも、女子からすると『何で?』と思っちゃう……今回は、そんな、男性が夢中になりがちな趣味を3つご紹介します。

理解できないこと

車のパーツにこだわる

「給料の大半を車につぎ込む彼。でも車のことが全然分からない私にとっては、いつも“どこが変わったの?”って疑問ばかりなんです。

よくよく見るとタイヤのフォイルに色が付いていたり、車内の天井の模様が変わっていたり……。なんでこんなことにお金使うんだろうって、理解不能です」(20歳/販売員)

車好きな男性は多く、強いこだわりを持つタイプだと細かな部分を変えて楽しんでいるようです。

男性にとっては大きな変化かもしれないけれど、女性から見たら全然気づかない……なんてことも多々。

なんでこの部品にこんな値段がかかるのか、このパーツを付けることでどんな変化が起こるのかなんて、女子には理解しがたいものです。

わからないからと非難してしまうと、彼を傷つけてしまうので気を付けて。

スニーカーへの執着

「センスが良くて、雑誌のスナップにもよく紹介されている彼。おしゃれな人ならではで、趣味がスニーカー集めなんです。部屋には山のようにスニーカーがあるけど、私にはどれも同じに見えてしまって……。

新しく買ってきたスニーカーを見ても、“え?これ持ってなかった?”て思うのが常。彼のことを理解したい気持ちは山々なんですけど、これだけは無理そう」(23歳/保育士)

男性にあるあるな趣味のひとつが靴集め。特にスニーカー好きな男性は多く、テレビ番組の企画にもなるほどですよね。

女性からすると、“なんでそんなに何足もいるの?”、“なんで同じような靴ばかり買うの”なんて疑問もわくこともありますが……アクセサリーや服など、同じことも女性に感じる男性も少なくないよう。

ここはお互い様、と割り切った方がよさそうです。

高価な汚いデニム

「彼と買い物に行くと必ず訪れるのが古着屋。そこで購入するのがヴィンテージのデニムなんですが、興味のない私から見れば、ただの汚れたデニム……。かなり高価なのに、嬉しそうに買う彼を見て謎だな……といつも思ってしまいます」(26歳/保険会社勤務)

年代物のデニムを集めたり、好んで愛用する男性も多いもの。

ヴィンテージアイテムや古着屋が好きな女性だと一緒に楽しめるのかもしれませんが、そうでなかったら楽しめないどころか、理解すらできない場合も……。

買い物デートは、共通の趣味のものだけにとどめておくのが無難かもしれませんね。

理解できないことは置き換えてみる!

男性の理解できない趣味って、それだけを見れば“なんで?”“どうして?”の連続。しかし同じように女性側にも男性にとって理解しがたい趣味は多数あるものです。

例えば、男性が車の細かいパーツの変化を楽しむように、女性は、ヘアやメイク、ネイルなどで細かい部分の変化を楽しむもの。

そんな風に自分の興味や趣味に置き換えて考えれば、すんなり受け入れられるのではないでしょうか。

(愛カツ編集部)