デートで頑張ること

デートは、カップルにとって大切な日。1回1回のデートが、お互いを知り、愛を深め、絆を強める機会となります。

そんな気合いの入るデートですが、実は「がんばらないほうがいいこと」もあるんです!

これからご紹介する4つ項目は、がんばることORがんばらないほうがいいこと、どちらだと思いますか?

デートで頑張ること

なるべく笑顔でいること

これは【がんばること】です。

笑顔は魅力的に見えますし、笑顔を心がけることで、自分自身の気持ちも盛り上げることができます。デートでは、「かわいく見せよう」と思ったり、緊張したりと、心からの笑顔を忘れてしまいがち。

待ち合わせで会ったとき、おいしいものをたべたとき、景色のいい場所で見つめ合ったときなど、楽しい、嬉しいと思ったときには、とびきりの笑顔を見せてあげましょう。

「彼と一緒にいる=口角を上げておく」くらいの意識が◎です。

たくさん話すこと

こちらは【がんばらないほうがいいこと】です。

意外でしたか? もちろん、たくさんおしゃべりをすることは、悪いことではありません。でも、自分が話すことより、がんばることがあります。

それは、相手の話を聞くこと。これを意識してがんばりましょう。

楽しいと、つい自分の話ばかりしがちですが、質問をたくさんして、相手の話を聞いてあげてください。

また、「じっくり話を聞いてくれる」という安心感を与えることができれば、相手は心を開いてくれるもの。より絆を深く、強くすることができます。

特別なメイクやオシャレ

これも【がんばらないほうがいいこと】です。厳密いえば、△かもしれません。

たしかに、デートの日に、いつもよりかわいくおめかししていくのは、悪いことではありません。でも、気合いが入りすぎていたり、お財布に無理があったりするオシャレは×。

ずっと付き合い続けたいわけですから、半年後も、一年後も、ずっと続けられる「デート用コーデ」を用意しましょう。普段のオシャレに+α、くらいがちょうどいいかもしれません。

相手のいいところを探す

これは【がんばること】です。「相手のいいところを探す」と聞くと、「そんなのあたりまえ!」と感じるかもしれませんが、ポイントは「意識的に探す」ことです。

ラブラブ期間では、相手のすべてを肯定しまう傾向があります。そうではなく、彼の気遣いや、真面目さ、価値観などをよく観察して、いいところを見つけていきましょう。

その習慣があれば、ラブラブ期間が落ち着てしまった後も、継続的に相手のいいところを見ることができるはずです。

おわりに

楽しい時間を過ごすことは、デートで大切なことですが、カップルにとっては、「いま」がすべてではありません。

これから先も、ずっと愛を深めて共に歩ける関係になるためにも、がんばること・がんばらないことを見極めて、心から安心して楽しめるデートにしていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)