彼をメロメロにするセリフ

「あなたのこと、わかってるよ」というメッセージに、思わすキュンとしてしまった経験はありませんか?

このキュンポイントは男性も一緒。母性的な温かさを感じ、異性から特別に想われているという実感が、男性をたまらなくドキドキさせます。

「あなたのことわかってる」はどう伝えるのが正解? キュンセリフをまとめました。

彼をメロメロにするセリフ

「○○してくれるもんね」

相手の男性の、優しいところや優れているところなどをピックアップして、褒めるセリフです。

たとえば、「いつも体調のこと心配してくれるもんね」「ドアをあけて『どうぞ』っていってくれよね」「重いものは、いつもサッてもってくれるもんね」など。

してくれて当然! と思っているとこういう褒め言葉は出ません。日頃から、小さな感謝の気持ちを忘れずにいましょう。

人間として、男性として評価されていると感じれば、きっと彼もキュンとしてしまうはずです。

「○○ダメだもんね」

嫌いなものや、苦手なもの。これをちゃんと覚えてくれていると、「わかってくれてるんだな~!」っと、キュン。

たとえば、食べ物の好き嫌い、高所や閉所、暗所など。まちがっても、「え~! 男のくせになさけな~い」という反応はしないように!

「誰にでも苦手なものはあるもんね」という優しい気持ちで、「○○ダメだもんね」と気遣ってあげましょう。

「意外と○○な人だよ」

あまり表には見せていない面を、「意外と○○な人なんだよ~」と紹介してあげると、「おお、そんなところも、わかってくれてるんだ!」と感じてもらえます。

たとえば、「こう見えて、意外と几帳面なんだよ。この前も~」や、「意外と○○のオシャレにこだわってるよね」といったセリフが使えるかもしれません。

この他にも、センスがある、かわいいものが好き、優しい、といったことも「意外と○○」というセリフとマッチして◎。彼を見ていることがアピールできます。

「そう言ってくれると思ってた」

ちょっと自信無げに「○○お願いしてもいい?」と頼ったり、甘えたり、悩み相談をしてみましょう。

そして、支えたり、励ましてくれるセリフをもらったりしたら「実はそう言ってくれると思ってたの!」と、嬉しそうに伝えてみて。

単に、「ありがとう」「嬉しい」「元気が出た」という反応より、「あなたが優しい、元気づけてくれる人ってわかってるから話したの」というメッセージのほうが、「わかってくれるんだな~」と感じてもらえます。

おわりに

もちろん、全然そうじゃないのに、「わかってるつもり」と伝えると、むしろ逆効果になってしまいます。

普段からよく彼を観察し、「あ、こういう一面があるんだ!」と気づいたら、それを頭にストックしておきましょう。

そのうえで、機会があれば「あなたのことはわかってるよ」というメッセージとして言葉にすること。

しっかり彼を観察したうえでのセリフであればあるほど、効果が大きくなるので、ぜひみなさんもお試しあれ!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)