男が追いかけたい女性

男性は基本的に追いかけたい生き物。ライオンにたとえると、逃げていく獲物を追いかけている「時間そのもの」が楽しみなんです。

獲物が早々に降伏してお腹を見せたり、最初から食べてもらうために寄ってきたりすると、あまり興味がなくなってしまうかも!?

では、どんな追いかけたくなる女性ってどんな人なんでしょう?

男が追いかけたい女性

自由な女性

男性に合わせ、一途であること……。これももちろん大切ですが、あまりにもこの姿勢が前面に出ていると、男性は「こいつはもう逃げない」と、安心しきってしまいます。

たとえば、デートの予定を組むにしても、彼の休みや仕事の都合を優先して、そこに自分の予定を合わせていませんか?

もちろん、自身が調整可能なら合わせても良いのですが、スタンスとしては「タイミングが合えば会おう」「私が会いたくなったら会おう」というくらいで十分。

「彼はここが空いてるかもしれないけど、私は次の日朝早いから嫌だな」と思ったら、全然リスケしてOK。

「〇日か〇日はどう?」と言えばいいのです。

「そんなこと言ってたら彼と会えなくなっちゃう!」と不安になるかもしれませんが、彼がちゃんとあなたのことを好きなら、彼の方から「次はいつ会える?」と聞いてくれるようになるもの。

男性の「追いかけたい欲」を刺激することがポイントです。

自分の世界を持っている

ひとことで言うと、「彼がすべてになっていないこと」。

「彼が行きたいところに行く」「彼がそう思うなら私もそう」というように、彼になんでも合わせてしまっているなら要注意。

彼の意見にいつも反論する、ということではありません。

彼に合わせて、自分の意見や好みが流されないようにすることが大切です。

男性は新しいものを求める傾向があるので、「この子といても、新しい発見がなにもない」と彼が感じると、あなたへの興味が薄れてしまいます。

趣味でも仕事でも、彼が知らないあなただけの世界を持っておくことがポイント。

あなたのことをもっと知りたいと思うだけでなく、「どこかに行っちゃうのでは?」という焦りが生まれ、彼のほうからあなたを手放さないように努力し始めるでしょう。

ただし、他の男性との関係を匂わせるのは逆効果。あくまでも、「彼に一途」であることは徹底しておきましょう。

アメとムチが上手に使える

いつもニコニコしていて、「彼の言うこと、やること、なんでも許します」という態度は、結局彼を調子に乗らせてしまいます。

ただし、ちょっとしたことで怒って当てつけのような行動をしたり、彼が機嫌を取ろうとしてきたときに、しつこく拗ねたりしているのはNG。

彼があなたに対してNG行動をした自覚がある場合は、「無視」はしないまでも、いつもより冷たくしてみましょう。

あからさまに「怒った」感じは出さずに、その場から退席してみる、しばらくLINEをせずに放置してみる。

彼に「あれっ?」と思わせる程度が効果的です。

もし彼が異変を感じて機嫌を伺ってきた場合は、「ここが悪い」「謝って」のようなやり取りは不要。

「ふーん」という雰囲気を醸し出しつつ、いつも通りの態度に戻ってあげましょう。

彼はホッとしつつも、次から自分の行動に少し気を付けるはず。

「あなたも怒ることがある」というムチと、「そっと許してくれる」というアメを同時に与えられるテクニックです。

ただし、今後のふたりの関係のなかで、絶対にやめて欲しいことをした場合や、彼がNG行動に気づいていない場合は、態度ではなくきちんと言葉で伝えるように。

ここは彼の性格やあなたの性格にもよるので、関係性に合わせて調節していきましょう。

おわりに

男性が追いかけたくなる女性とは、放っておいても自分の傍にいる女性ではなく、適度に気を付けていないと離れて行ってしまうような、「自分をしっかりと持った女性」。

彼が安心しきってしまうほど、彼に合わせる必要はありません。

自分で自分を大切にできてはじめて、彼にも大切にしてもらえるのです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)