年下男子の甘えLINE

年下男子くんと付き合うことになったら、年上女子の中にはもうメロメロになってしまう人も多いといいます。

それぐらい、年下男子くんはかわいくて、甘え上手です。

男の子ママの中にも、旦那さんよりも息子にメロメロというママは多いですが、いままさに年下男子くんとつきあっている年上女子にはその気持ちがわかるんじゃないでしょうか?

ですが、どうしても年上女子からは子供のように見えてしまう年下男子くんであっても、彼らもれっきとした成人男子です。

甘えの陰には何か裏が潜んでいることも。子犬のように見えて、実は牙を隠したオオカミかもしれません。

年下男子の甘えLINE

そこで、ここでは、少し気を付けたほうがいい年下男子くんの甘えLINEを紹介します。

ママ代わりに利用?「できないからやって♡」

「できないからやって♡」っと、大好きな年下男子くんから甘えLINEが送られてきたら、ついつい「仕方がないなあ」といいつつ、デレデレしてやってあげちゃっていませんか?

例えばボタンがとれたからつけてほしいという簡単なものから、仕事で使う資料作成、プレゼンの用意まで、

何かにつけて「できな~い」と甘えてこられて、気づいたら全部やってあげちゃっているってこともあるかと思います。

年下男子くんの彼はきっと私のことを頼って言ってきているんだ!なんて、いいように解釈しがちですが、これはただ、ママ代わりにあなたのことを使っているだけにすぎません。

なんでもかんでも「できないからやって♡」といってやってくれたら、今後も便利屋のように使われてしまうこと間違いなしです。

あまりにこれが普通になれば、やってくれなくなったら「別れる」ということが起きてしまうかもしれませんよ。

まるで彼の食堂?「おなかすいたから食べさせて♡」

年下男子くんから「おなかすいたから食べさせて♡」っていわれたら、年上女子なら喜んで食べさせてしまうんじゃないかと思います。

ですが、これも要注意です。たまには甘えられて、食べさせるのもお互い幸せな気分になっていいものですが、あまりに頻繁にこう言ってこられたら、これは食堂替わりに利用されていると考えられます。

「今月お金がピンチだからご飯食べさせて♡」と甘えてくる年下男子くんもいていますが、高校生ならまだしも、いい大人がこれは問題です。

家計管理ができていないということですよね。そうなると、将来一緒になったとしても、困ったことになるでしょう。

また、「おなかすいたから食べさせて♡」の裏には、「作るのがめんどくさい」というのもあるかもしれません。

そうなると、あなたの労力はダダと考えているのかも。おなかをすかせた年下男子くんは見るに見かねてしまいますが、ここは我慢のしどころかもしれませんね。

経験値稼ぎ?「〇〇に行ってみたいな♡」

年下男子くんから「〇〇に行ってみたいな♡」といわれて、それが大人の世界ならば、ついつい年上女子としては、私が連れて行ってあげるという気持ちになるかもしれません。

ですが、年下男子くんの中には、「大人の世界をのぞいてみたい」、「付き合っている年上女子さんと一緒に見に行きたい」と純粋に思っている人もいますが、そうでない人もいます。

そうでない人の中には、年上女子を利用して経験だけ積みたいという人も。

そんな彼は年上女子と付き合うことも経験としか考えてないことも大いにあります。お別れを想定して付き合っているなんて裏がありますよね。

まとめ

年下男子くんは甘え上手なので、ついつい年上女子の母性本能がくすぐられてなんでもやってあげたくなっちゃいます。

ですが、なんでもやりすぎるとこれはもうママです。ママになると、恋愛対象からは外れてしまいますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)