かわいい後輩女子

なんとなくかまいたくなるようなかわいい後輩に、やはり男性は弱いものです。

思わず助けてあげたくなるような要素があると、ついつい気にもなってしまうものなのでしょう。

そこで今回は、かまいたくなる「可愛い後輩女子」の特徴を紹介します。

かわいい後輩女子

「教え」を実践する

気になる先輩男性に助けやアドバイスをもらったのなら、その「教え」をきちんと実践することが大事。

自分がアドバイスしたことを本当に実行してくれていたら、その後輩女性に対しての男性の思い入れも一気に増すはず。

逆に、色々と聞いてきたのにそれをひとつも行動に移してくれていなかったら、自分の助言が良くなかった感じがして、男性のプライドはかなり傷つけられるでしょう。

全てを実践はしないにしても、「○○さんのおかげで助かりました」などとお礼をきちんと伝えることは絶対に忘れないでくださいね。

「ちょっかい」を出してくる

軽くイジってきたり、からかうようなことを言ってきたりする後輩女性とは、自然と距離も縮まりやすいもの。

自分への好意を感じたり、親近感も抱きやすいので、「かわいいヤツだな」なんて気持ちにもなるでしょう。

ただ、ちゃんと先輩への敬意を払うことは忘れないようにしないと、単に失礼で非常識な後輩としか思われません。

褒めるところは褒めたり、慕うときには慕う姿を見せておくことができれば、ちゃんと信頼関係があるうえでのちょっかいとして受け止めてもらえますよ。

会話中に「ボケてくる」

ボケたりツッコんだりできるような関係になれると、親密さは急速に増していきます。

ただ会話をしているよりも仲良くなれるし、心を許し合えているような感覚にもなるはず。

気になる先輩には、失礼なことや変なことは言えないと思ってしまうものでしょうが、適度にボケたりすることで硬さはほぐれていくでしょう。

ただ、しつこくボケまくったり自虐ネタに走りすぎると、鬱陶しく思われたり、完全に「お笑い担当」という認識を持たれる危険性もあるので、飛ばしすぎはNGですよ。

素直に「謝れる」

「かわいい後輩」と「かわいくない後輩」の大きな分かれ目になるポイントが、素直に謝ることができるかどうか。

怒ったり注意をしたりした際に、「私は悪くない」とか「だって仕方がなかった」といった態度を取られたら、男性はかなり腹が立つはず。

ちゃんと自分の非を認めて反省することができる後輩女性には、「ちゃんとした子だな」と感じるし、「手を貸してあげよう」という気持ちにもなるものです。

また、注意をされたあとにいつまでもウジウジせずに切り替えができる女性だと、男性も扱いにくさや近づきにくさなどを感じにくいことでしょう。

おわりに

気になる先輩男性がいるのであれば、かまってもらえるような関係性を作り上げていくといいかも。

先輩として敬いつつも、変に距離感を置きすぎないようにすると、恋愛へ発展させやすくなる可能性もアップするでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)