もっとエッチを感じやすく

エッチを今よりも感じられるようになりたいと思う人っていますか?

どうせエッチをするなら気持ちのいい方がいいに決まっています。

夜の相性というのは彼といい関係を気づくためにも大切な要素の1つ。

そこで今回は今よりも感じられるようになる方法をご紹介します。

もっとエッチを感じやすく

1:リラックスとムード

まず大切なことはリラックスすること。緊張していたり、ストレスが溜まっていたり、体調が悪かったりといった場合にエッチをしても…。

なかなか感じられなかったり、気持ちよくなれなかったりすることもあるでしょう。

まずはリラックスすることが大切。そのためにはアロマやお香を焚いたりして、甘い香りのなかで彼を感じてみてもいいでしょう。

スローテンポの音楽を流したり、ロマンチックな映画を見たあとにエッチに突入してみてもいいかもしれません。

2:お互いのカラダを知る

次に大切なことはお互いにカラダを知ること。

相手の性感帯を知って、そこをどのように刺激すればいいか、しっかりと抑えておきましょう。

また、自分がどうされると一番感じるのか、どうして欲しいのかを相手にしっかりと理解してもらうことも大切。

カラダを知るということは心を知ることにも繋がります。

耳元で「好き」と呟かれると安心してよりリラックスできるといった場合や耳を舐められる音に興奮するなど。

触れること以外のことにも目を向けてみるといいかもしれません。

3:焦らしテク

今度は実際のテクニックをご紹介します。

それが焦らし。キスを迫ってくる相手に対して、わざとキスさせなかったり、ゆっくりと手を止めながら相手の服を脱がしたりと…と。

その雰囲気を楽しむように相手を焦らしてみるといいでしょう。

特に性感帯への刺激を避けて焦らしながら女性を愛撫すると、感度が高まっていくといわれています。

つま先や背中、首筋などじっくりとキスをしながらセックスをすることで、性感帯への刺激なしにイクことも可能なのだとか。

4:性感開発

最後にご紹介するのは性感帯の開発です。

カラダというのは刺激になれてくると徐々にそれが快感に繋がっていくということが起こり得ます。

耳を舐められたり、胸を揉まれたりしてもあまりなんとも思わなかったといった人が、そこを刺激され続けるうちに感情が高まってきて快感に繋がっていくわけです。

いろいろなポイントを探りながら性感帯を見つけていき、開発を行っていきましょう。

1人エッチを行って開発をしてみるのもいいですし、彼と徐々に開発を行っていくのもおすすめです。

恥ずかしがらずにチャレンジしてみることも大切!

いかがでしたか? 今回は彼とのエッチを今よりも感じられるようになる方法をご紹介しました。

エッチの経験が少ないといった人ほど、いろいろなことにチャレンジすることでより今よりも感じることができるようになるはず。

恥ずかしくて受け身になる一方ではもったいない。ぜひチャレンジしてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)