NGフレーズ

女性は知らず知らずのうちに、男性に対して魔のフレーズを言ってしまっていることがあります。

それがエスカレートすると、恋人はもちろん、周りの男性も離れていく事態に…。

どんな言葉やフレーズが彼に別れを決断させるのでしょう?最悪の事態にならないように、魔のフレーズを覚えておくことをオススメします。

NGフレーズ

○○君は△△

男性はプライドの高い生き物。他の誰かと比較されることはプライドが許さず、そんなフレーズには神経質になっています。

例えば、「友達の彼はすごくイケメンで俳優の○○似なんだよ」とか、「○○君って、T大学なんだって」などの発言は世間話だとしても控えた方が良いでしょう。

これがたまになら彼もスルーしてくれそうですが、回を重ねれば重ねるほど、「だから何?何が言いたいの?そういう男が好きなの?」とイラつかせてしまいます。

彼女の何気ない言葉に、彼のプライドはズタズタにされることを覚えておきましょう。

他人の悪口

人の悪口を言う姿はみっともないですよね。場合によっては、エゲツなさにドン引きするほどです。

妬みや嫉み、不平・不満、ネガティブな言葉は、自分を不幸にしかしないし、周りの空気を悪くし、運気も下げます。

自分の恋人のそんな状態を歓迎する男性はいません。悪口を言う彼女の表情は、目がつり上がっていたり、眉間にシワが寄っていたりと醜いものになっているはず。

そんな姿に幻滅し、彼女の心の中の闇におののき、彼はそっと離れていくのです。

仕事と私のどちらが大事なのよ!」

仕事は人が生きていくためには当然しなくてはいけないもの。今や男女問わず働くことは当たり前だし、特に男性は「稼いでナンボ」という意識が高いです。

社会的にも男性への期待値は高いし、人生を左右するほど大切なのが仕事です。

それに、「将来的に彼女や家族を食べさせていかなければならない」というプレッシャーもあるでしょう。

経済的な基盤を築くために残業や休日出勤も辞さずに頑張っているのに、彼女の「仕事と私のどちらが大事なの?」という言葉は、彼にとっては落胆ものでしかありません。きっと超がっかりしていますよ。

放っとかれて切ない女性心理は分かりますが、彼の内心は仕事も彼女もどちらも大切で、彼女のことを幸せにしたいからこそ仕事を一生懸命にしているのです。

そんな彼の気持ちを踏みにじるような「仕事と私のどちらが大事」は絶対にタブーです。

まとめ

お付き合いしている彼女の口から魔のフレーズが発せられた時、彼はとても複雑な心境にいることでしょう。

いずれも相手のことを思いやっていれば、絶対に出ることはない言葉なのに、まさか恋人の口から…。絶望すら感じるかもしれません。

それを知らずに魔のフレーズを重ねれば、彼は付き合いに終止符をつけたくなるし、結婚も断念してしまうかも。

それほどに重いものと心得て、魔のフレーズは封印してくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)