理想の彼女

彼氏とラブラブだったはずなのに、最近知り合った女子にさらっと乗り換えられたら大ショックですよね。

でも、そんな彼らはただ薄情だったわけではありません。

元カノから乗り換えたくなるような、テクニックを持つ強敵女子の手口とは?

理想の彼女

今カノの悪口に乗らない

「彼女と喧嘩が絶えず、気持ちが冷めかけてたけど親公認だし別れるのもなあ……。なんて時、以前好きだった女子に再会。彼女がいることも喧嘩が多いことも正直に言ってみたんですが、その子は絶対に悪口を言わないんです。『気分転換しなきゃね』って笑ってくれる。喧嘩ばかりの彼女が色あせて見えて、別れました」(29歳・男性)

好きな男性に彼女がいる時、今カノの話題はスルーするのが効果的。

どうせなら二人の時間を楽しむ方がいいですし、一緒になって今カノの悪口を言ったりすると「お前に何がわかる」と急に今カノの味方をしだす男性も。

会うときは二人の時間を楽しみ、彼が今カノの話を振っても黙って聞いて情報収拾すると、彼には「大人だな」と思われ、自分の攻め時もわかりやすくなるメリットがあるようです。

とにかく能天気

「告白してきてくれた女子に、彼女がいるからと断ったんです。でも『たまには飲もうよ、息抜きしよ!』と返されて。会えば会話が弾んで、楽しい時間が過ごせるんです。彼女がいると言ってあるので、連絡も通勤時間や昼間にLINEが来るだけ。その気遣いが嬉しかった。彼女と喧嘩して破局したタイミングで、すぐにその子と付き合いました」(32歳・男性)

自分がセカンドだと知っている女子は、何かと卑屈になったり、「いつ別れてくれるの?」と彼に決断を迫りたがることも。

でも、このケースの女子は彼に楽しい時間を提供することに集中したのがよかったよう。

男性にも自分の意思があります。自分を選べ選べとしつこく言わずとも、楽しければ勝手にこちらに来ます。

内心はどうあれ、表面上は能天気に楽しさを提供することで、自分への心変わりをアシストしたと言えそう。

とにかく家庭的

「同棲していた彼女はあんまり家事をしないタイプ。出来合いの惣菜や散らかった部屋は気分が下がる。そんな時、『家飲みしよう』って誘われて行った女子の家がきれいな部屋で手作りのご飯が出てきてすごく居心地が良くて。会社の帰りに寄っても、さっとご飯を出してくれる。やっぱり癒されるのはこっちでしょ?結婚のことも考えたらやっぱり家庭的な子がいい」(29歳・男性)

同棲しているからラブラブ!とは限りません。

一人暮らしより自由がないのに、男性が密かに不満をためていることもあります。

そんな時、その不満をあっさり解消できる女子に、つい目が向いてしまうこともあるでしょう。

同棲での日々の生活の不満は「結婚したら一生このままなのか?」と男性もネガティブに考えがち。

そこを突かれてあっさり心変わりしてしまうこともあるようですよ。

ただでさえ「新規の女子」は有利

男性の心が揺らいでいるとき、今カノと新規の女子で言えば、有利なのは断然新規の女子。

それだけに、新規の女子が余裕のある態度を見せると、あっさり元カノから流れてしまう男性も多いよう。

もしあなたが今カノの立場なら、男性の「実は変化が苦手」な点を重視して、居心地の良さを見せつけるのが対抗策と言えそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)