試されてる発言

彼氏や気になる男性が自分のことをどう思っているのかは、とても気になることではあるでしょう。

だからといって、男性を試すようなことしてしまうと、嫌悪感を抱かれる原因に。

そこで今回は、男が「試されている気分」になってしまう女子の行動を紹介します。

試されてる発言

「誘われていること」を匂わす

「同僚の○○くんに食事に誘われた」とか「今日帰りにナンパされちゃった」といったモテ報告を彼女からされたら、不安な気持ちになるだけです。

同時に、「嫉妬させようとしているかな」といった思いも湧き起こるので、イラ立ちだって覚えるかもしれません。

特に、特定の男性からアプローチされていることを何度も匂わすのは、余計な誤解を生むことになるので絶対にNGな行為。
本当に他の男性から誘われたのだとしても、それをわざわざ彼氏に報告するのはあまりいい結果を生まないので、できるのなら自分の中で処理してしまうのがベストでしょう。

「好きなら○○してよ」と脅してくる

「好きなら○○してよ」というお願いの仕方は、男性からするとただの脅しにしか聞こえません。

「好き」ということを盾にされると、愛情があるのかどうかを試されているような感じもするので、あまり気分ではありません。

「好きなら○○して」という押しつけは、間違いなく重荷になっていくだけなので、何度も行うと男性の気持ちは冷めていくはず。

お願い事があるのなら、試すような言い方をせずに、素直に「○○してくれない?」と言った方が、男性も「やってあげよう」という思いになるものですよ。

「○○さんってカッコイイよね」とつぶやく

彼女や好きな女性の口から、他の男性への褒め言葉を聞くのも、やはりいい気はしないもの。

しかも、「○○さんってカッコイイよね」と、ルックスを褒めていたりすると、イラッと度合いはさらに大きくなるでしょう。

好きな芸能人などへの発言ならまだいいですが、身近な男性や共通の知り合いである男性のことをカッコイイと褒めていたら、「その男のことが好きなのかな?」なんて思われてしまう可能性も……。

試したり嫉妬させるために他の男性を登場させるのは、あまりにも危険度が高いので禁じ手と考えておくべきですよ。

「もう終わりかもね」と言ってくる

ケンカをしたり意見の食い違いが生じたときに、勢いだけで「もう終わりかもね」とか「別れた方がいいかもね」なんて言うのはさすがにNG。

怒りからつい口走ってしまったのだとしても、ふたりの間に大きな溝を生み出すことになるかもしれません。

「別れたくない」と引き止めてもらいたくて言ったのだとしても、男性はそんな思いにはなかなか気づかないでしょうから、「もう俺との関係は終わりにしたいんだな」と感じるだけでしょう。

その気もないのに「別れ」とか「終わり」というワードを出すのはやってはいけないことですし、自分で自分の首を絞めることになりますよ。

おわりに

自分が「試されている」と感じると、男性はその女性への気持ちが冷めていくもの。

変な駆け引きをしてくる女性のようにも思えるので、イメージも確実に悪くなってしまいますよ。

(愛カツ編集部)