彼氏が

LINEで会話をしていて楽しい相手とは、そのまま一気に距離を縮めることもできるでしょう。

逆に、話していてもあまり盛り上がることがない相手とは、なかなか仲良くなることもできないはず。

男性が思う「楽しいLINE」と「つまらないLINE」にはおおきな違いがあります。

そこで今回は、男性がつまらないと感じるLINEの特徴を紹介します。

つまらないLINEを送る女性

ただの「相槌マシーン」である

「うん」「そうなんだ」「へぇ」「わかった」「了解」といった、簡単な相槌をしてくるだけ。

会話をしていてこれほどつまらないLINEはないでしょうし、「俺と話すのがめんどくさいのかな」と男性は感じたりもするでしょう。

ただ用件を伝えるだけの連絡であるならいいですが、多少の会話をし始めたりもしているのなら、相槌のみの返信しかしないというのは失礼でもあるかも。

会話をできる状況ではなかったり、会話をするような気分ではないのなら、素直に「今ちょっと手が離せなくて」などと伝えた方が、相槌だけでごまかすよりは印象も悪くならないはずですよ。

「スタンプ」でテンポを壊す

LINEでの会話は、テンポやタイミングが合うかどうかも、意外と重要なポイントになってきます。

そこが全く噛み合わないと、なんとなく会話も盛り上がりにくいですし、相性の悪さを感じたりもするもの。

だからこそ、会話が弾み始めたところで、変にスタンプを入れてテンポを壊したりするのは、男性には不快に思われてしまうこともあります。

スタンプを多用されると、「もう話す気がなくなってきたのかな」なんて気持ちにもなるので、無駄に乱用するのはあまりいい効果は生まないはずですよ。

ただ「つながっていたいだけ」である

好きな男性とLINEをしているときは、「いつまでも話していたい」という気持ちにもなることでしょう。

でも、本当にそれを実行してしまったら、男性には苦痛を与えることになるだけ。

ただつながっていたいという一心で無理に会話を続けたり、どうでもいい話や質問をしまくるのは、男性にとっては全く楽しいLINEではないのでマイナス効果でしかありません。

つながっていることが大事なのではなく、楽しくて心地のいい時間を共有できるかが重要なので、LINEも相手がどう感じるのかを考えながら送るべきですよ。

毎回「同じ文章」ばかりである

「今日もお疲れ様」とか「明日も頑張ろうね」などと、いつも同じような文章しか送ってこない女性とは、男性も会話をする気になれないはず。

まるで定型文を送られているかのような感じさえするので、次から送るのも嫌になってくるかも。

例えば、「おはよう」と「おやすみ」のLINEを習慣のようにしているカップルもいますが、本当に毎日同じような文章を送るだけなら、「もうやめてもいいだろう」と思うようにもなることでしょう。

毎回同じスタンプを送るのも同様のことが言えるので、会話を盛り上げるためには、多少の変化や工夫も必要になってくるものですよ。

おわりに

「楽しいLINE」にするために最も重要なのは、相手の気持ちをちゃんと考えること。

自分の気持ちや思いを優先させすぎると、自分だけが楽しくて相手は苦痛に感じているなんてことにもなりかねませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)