あなたは気になる人、または好きな人がいるけど「自分からどうアプローチしていいかわからない」と思ったことはありませんか?

もしも彼が「この子運命かも」と思ってくれたら……?

そんな妄想もしてしまうかもしれません。実際に、彼にそう思わせるテクニックがあったら使ってみたいですよね。

そんなあなたに、彼に「この子運命かも!」と思わせる簡単テクを、3つご紹介いたします。

事前調査で彼の好きなことへの知識を増やす

まず「運命の相手」のイメージは、気が合う、趣味や育った環境などが「偶然一致する」といった共通項が多いというもの。

お互い共通項が多ければ多いほど「もしかして運命なのかな……」と思う可能性が高くなるんです。

共通項を増やすために、彼に会う前に、彼が好きなことへの情報を彼の友達などから仕入れておくことが必須。

たとえば、彼が音楽好きで、好きなアーティストがいると知ったら、徹底的にそのアーティストについて調べます。

彼と会ったときの会話で「私、最近〇〇ってアーティスト気になってて」と、さらりと彼より先に話題に出しちゃいましょう。

「やばい!俺も大好きなんだけど」なんてテンションが上がって、あなたへの興味も増すはず。

それ以外にも、好きな食べ物や、趣味についてなど…。

たくさん彼の好きなことを事前に知っておくだけで、会話の内容も広がって盛り上がるので、彼は「なぜかこの子と妙に気が合うな」と思うはずです。

友達や知り合いに名前を頻繁に出してもらう

続いて2つ目のテクは、共通の友達や知り合いに協力してもらう必要があります。

それは、彼らに、あなたの好きな人の前で「あなたの名前を出してもらう」ということ。

これは、あなたがいない場面でやってもらう、というところがポイント。

彼は何度もあなたの名前を聞くたび、少なからずあなたのことを考えてしまうはず。

できれば違う友達や、違う部署などで会話に名前を頻繁に出してもらうことによって「あの子人気者なんだな」と彼の中でのあなたの印象が強くなってきます。

どんどんあなたへの関心が高まって、運命に近づいちゃうかも。

彼と同じものを持っている

最後は「そんなことで運命?」というような簡単なことですが「彼と同じものをもっている」ということ。

ぱっと見でわかるようなバッグや、靴でもいいのですが、鍵につけているキーホルダーや、カードケースなど。

普段人目につかない細かいものが全く一緒なら、尚更運命度アップ。

彼がそのことに気づいたら「え、それと全く同じもの持ってる!」「なんか運命感じるね」なんて言ってくるかもしれません。

もし中々気づかれないときは、あなたから「〇〇くんと同じで嬉しいな」とそれとなくアピールしてもいいかも。

共通点が多いと運命を感じやすい

いずれも友達や知人の協力が必須ですが、皆に応援してもらいながら彼との距離を近づけて、運命にしちゃいましょう。

「僕たち運命だね」と言葉では言わないとしても、共通項がたくさんあるだけで心が通じる気がするもの。

彼があなたと一緒にいたいと思う時間が増えるかもしれません。

妄想は現実になってしまうかも。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)