オトナのアラサーのNGファッション

春は気分も高揚して、オシャレも楽しくなるもの。

色使いも春らしく、明るくかわいい色を使いたくなって、花柄なんかもかわいいですよね。

でも30代ともなれば、かわいいだけじゃなく、年齢に合ったオトナのオシャレを取り入れていきたいところ。

そこで今回は、春だからこそ気を付けたいNGファッションをまとめました。

オトナのアラサーのNGファッション

ピンクの花柄は要注意

基本的にオールシーズン使える花柄アイテム。春は特に取り入れたくなりますよね。

そして、春といえば、黄色や緑、水色、そしてピンクといった、春らしい色もいいですよね。

でも、かわいすぎるピンクの花柄には要注意。

20代ならパッとしたかわいい雰囲気でアピールできても、30代だと花柄が浮いてしまって、痛コーデになることも。

いくら足がきれいでも、ミニ丈ピンクの花柄ワンピに素足なんてコーデだと、年齢とちぐはぐしてしまいかねません。

また、ワンピースで花柄の場合、原色や大きな花柄だと、どうしてもおばちゃんっぽくなりがちです。

「小柄でうっすら」が無難。どちらにしても、「さりげなく」花柄を楽しむのがよさそうです。

頑張ってはいたデニム

春って意外と寒い日が多いですよね。家でぬくぬくだらだらしてて、いざ暖かくなり始めるころに、「あれ? デニムがキツイ……」なんてことはありませんか?

たしかに、履けないほど太ってないのであれば、頑張れば詰め込めるかもしれません。

しかし、明らかにパツパツ、デニムに乗ったお腹のお肉がチラリ……というのは、ファッションとしてNG。

血行も悪くなるので、しばらくはサイズに合ったものを選ぶのが無難です。

頑張ってデニムを引っ張り上げず、シェイプアップ後に元のサイズに戻してあげましょう。

先取りし過ぎのサンダル

日差しは暖かくても、吹き抜ける風はまだ冷たい……。

でも! わたしはポカポカ陽気に輝く足元を見せたい! と、張り切りすぎるあまり、早すぎるサンダルに手を伸ばしていませんか?

まだ肌寒い日に、素肌をさらしたサンダル姿だと、さすがに先取りしすぎかも……。

おしゃれには我慢も必要ですが、ほどほどが一番。

男性から見ると、先取りではなく、『季節感がない』になってしまうかも。

オフショルはTPOを選んで!

昨年に引き続き、オフショルはまだまだ人気がでそうな予感。

でも、「肩を露出する」というスタイルは、場所を考えるべきコーデでもあります。たとえば、ちょっといいレストランでお食事……という場合。

慎みのある、落ち着いた服に身を包んでいないと、逆にNGを食らってしまうかもしれません。

また、そもそもオフショルは苦手、という男性も一定数いるもの。

女性目線でかわいくても、自分を魅力的に見せたい男性にどんな印象を与えるか? これも考えたうえでコーデを決めましょう。

自分の『かわいい!』と言う気持ちだけで服を選ぶのではなく、こういった相手への配慮を込めて服が選べるのは、30代の魅力です。

おわりに

気温の変化もあり。新しい出会いもあり。新生活や新しい環境もあり。

春は、意外とファッション難易度が高い季節かもしれません。

でも、そこは経験を積んできた30代として、オシャレの腕前を見せつけるチャンス!

「しっかりオトナっぽいけど、可愛い」を目指していきましょう。

(はろ。/ライター)

(愛カツ編集部)