キスしながら彼を…

どうせエッチするなら、お互いに興奮MAXで熱いエッチができるのが一番。

淡泊で色気のない、単純作業のエッチにしないためにも、エッチ前のキスで彼を興奮させてみませんか?

でも、どうしたら彼を興奮させられるの? 今回は男性目線から、いくつかのアドバイスをまとめました。

キスしながら彼を…

体をぎゅっと掴む

あなたの興奮を、直接彼の体に伝えられる有効なテク。

掴む場所は腕でもお尻でもOKです。こうされると、男性は女性が興奮しているんだと本能的に感じることができ、自身も興奮してくるもの。

また、興奮してくればドーパミンが多く分泌され、痛みが快感に変わります。

心と体の両方が気持ちよくなるテクニックと言えるでしょう。

強く抱きしめる

ぎゅっと抱きしめると、あなたの全身が彼とが密着します。

“体を重ねる”というように、肌と肌が強く密着すればするほど、興奮は高まるもの。

服を着たままより裸でくっつくほうが、肌の柔らかさやすべらかさをダイレクトに伝えることができ、より効果的です。

股間を触る

直接的すぎると感じるかもしれません。ですが、このあとエッチする流れであれば、股間を触るのはむしろいい作戦です。

「もっと触ってほしい!」と彼の興奮はどんどん高まっていきます。

軽くでもぎゅっと握るのでも、優しくなでるのでも、どっちでもOK。

また場所は、股間ではなく太ももの付け根でも◎。

後者は、じらしの意味も持ちますから、人によってはより効果的かもしれません。

くすっと笑う

照れ笑いでも、淫靡な笑いでもOK。ふたつが同居していれば、さらによいかもしれません。

あなたの楽しそうでセクシーな様子に、これからのエッチはもっと盛り上がるんだろうなと彼は期待します。

笑うタイミングは、キスとキスの間でも、キスをする前でもOKです。

あえぐ

キスしながら漏れる吐息……。男性にとってこれは、まさにたまらない刺激です。

キスであなたの柔らかさ、ぬくもりを感じているところに色気MAXの音の刺激が加わるわけです。

どうしようもなくなってしまいますね。

密着の度合いによっては、唇や顔の骨を通して、声の振動がダイレクトに伝わるかも。

キスで苦しくなったときの息継ぎのついでにやると、上手に演出できそうです。

おわりに

自然にこうしたテクニックを使える女性もいれば、いままでしたことなかった女性もいらっしゃると思います。

今回のテクニックは、慣れればすぐにできるもの。

仮に慣れていなくてぎこちないものになっても、そのぎこちなさが彼をより興奮させます。

ぜひ今日のベッドタイムから試してみませんか? きっと、いつもよりも充実した熱いエッチができるはずです。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)