彼をエッチに誘う

エッチしたいと思っても、ひとりでムラムラしているだけで、なかなか誘えない……。

そんなことありませんか?でも、気にする必要はありません。

彼女と一緒にいてエッチをしないというのは、男性にとってイヤなもの。

ですから、あなたが一歩踏み出せば、すぐにエッチに発展します!

恥ずかしがらず、実践あるのみです!!

彼をエッチに誘う

優しく押し倒す

彼とイチャイチャするついでに、彼を軽く押し倒してみましょう。

それからキスをして、全身を抱きしめて……。そうすれば、自然にエッチに発展させることができるはず。

言葉ではエッチしたいと言い出しにくいかもしれませんが、こうして体に訴えかけることができれば上出来です。

気持ちいいことしたい

男性には(よほど奥手でなければ、ですが……)多かれ少なかれ、言葉からエッチなことを連想するクセがあります。

ですから「気持ちいいこと」と言われたら、単純にエッチを連想するもの。

部屋で一緒にいるときにこんなことを言われたら、彼はもちろんエッチを期待します。

おねだりしてるのかなとかわいく感じ、より興奮するかもしれません。

このあと彼の手を引くなどしてベッドに誘導できれば、エッチへの流れは完璧です。

一緒にお昼寝しよ!

お昼のおうちデートで使える手です。一瞬なにを言っているのか、わからないかもしれません。

もし、彼がそんな様子なら「横になりたいなー」とか付け足してみるのも◎。

いくら鈍い彼でも、あなたがエッチに誘っていると気づくはずですです。

これにNGを出す男性は絶対に少数派。彼がなにもしてこないようなら、彼に近づいてみましょう。

エッチしよ!

ストレートに言われると彼はびっくり。男性側から言うことはあるかもしれませんが、まさか、彼女がこんなに直接的に言ってくるなんて……。と。

でもその後「自分から言ってくるということは、刺激的なエッチができるかも……」と彼は興奮します。

このままなし崩し的に、エッチになるのは自然な流れ。

ただしご無沙汰なときには、NGワードとなる場合もあるのでご注意です。

マッサージしてあげよっか

男性が言うと、極めてオジサン臭くていやらしい言葉。

しかし。女性が言えばまったくそんなことはありません。

彼も自然とエッチを期待しますし、どうせなら、彼にいたわりを込めて普通にマッサージをしてあげるのもいいでしょう。

いきなりエッチを始めるより、むしろ最初はマッサージくらいのほうが日ごろお疲れの彼には嬉しいかもしれません。

マッサージしながらキスをするなど、スキンシップをソフトなものから、だんだんハードなものに移していくとエッチへの流れも自然になります。

おわりに

女性側からエッチに誘うのは、ハードルが高いと思っている方も多いはず。

でも意外と、男性からエッチに誘うより、女性側から誘うほうが簡単なもの。

男性は基本的に性的な誘惑には弱いものですから……。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)