恋人未満でも付き合っていても、デートは楽しく幸せな時間!

だからこそ、彼の気持ちを刺激して「やっぱりかわいい!」と思わせる言動ができれば、より親密な関係になることができます。

親密さを深めるためには、どんなセリフが有効!? デートで使える簡単なモテ台詞で、楽しいデートを実現していきましょう。

その場で「楽しい!」と感情表現

「今日は楽しかったよ」と、お礼の連絡をするのは当たり前。大切なのはその場で「楽しい!」と感情表現することです。意外と

「ありがとう」は素直に言えても「楽しい」「嬉しい」をその場で言葉にできる女性って、意外と少ないように思います。

もちろん笑顔で楽しい気持ちは伝わるものですが、男性は悟ることが苦手です。

どんなデートでも「楽しいね!」「美味しい!」「嬉しい!」と感激した気持ちを言葉にして伝えてみてください。

これだけでも、彼のテンションを高めることができますし、「いい子だな」と実感してもらえるはずです。

「〇〇くんってかっこいいね」

彼を「かっこいい」と素直に褒める言葉も、照れくさくて言えない人が多いもの。

でも、女性が「かわいい」と言われて嬉しく感じるように、男性だって「かっこいい」と言われたら、照れくさくても嬉しいですし、その子のことが好きになるものです。

「今日の服いいね! かっこいい!」こんな褒め方でもいいですし、彼がドアを開けたり車道を歩いてくれたりとエスコートしてくれたときに「〇〇くんって、かっこいいね」と褒めるのも◎。

あなたへの気遣いに気付いてくれたことへの嬉しさもあって、喜びを倍増できるはずです。

「もうこんな時間なんだね」

「もっと一緒にいたい」と言われて嫌な気持ちはしませんが、受け取り方や関係性によってはこの台詞が、重い印象になることもあります。

なので帰り際には「もうこんな時間なんだね」と、遠回しに。

一緒にいたい気持ちや、楽しくて時間があっという間だった気持ちを示していきましょう。さりげないけれど嬉しい言葉となり、きっと、次のデートの約束にもつながるはずです。

嬉しそうに「デートだからね!」

たとえば彼が「今日いつもと違わない?」「テンション高いね」とあなたの身なりを指摘したり、変化に気付いたりしたときは、「だってデートだからね!」と返答してみましょう。

わざと「デートだから」と言葉にすることで、それだけデートを楽しみにしていた気持ちが彼に伝わります。

また、友達以上恋人未満の関係こそ、この台詞は効果的。

一緒に過ごす時間をデートだと明確にすることで、恋愛感情を匂わせることにもつながります。

こちらが異性として意識していると見せれば、彼もあなたを異性として意識してくれるはずです。

おわりに

デートできる関係ということは、恋人ではないとしても好意がある関係である証拠。

付き合っている、いないにかかわらず、デートで良い印象を残すことができれば、彼との関係を、より良い形にすることができます。

モテ台詞に共通するのは「素直さ」と「さりげなさ」。さりげないけれど素直な言葉で、彼の心をキュンとさせるデートにしていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)