カップル ストロー

気になる年下男子とのデート。あなたは、どんなことに気を付けて臨みますか?

年下だからといって、恋愛の仕方が大きく変わるわけではありません。でも、ちょっとした言動が彼のテンションを下げてしまうことも……。

そうならないよう、年下くんとのデートで意識しておきたいポイントをまとめました。

今回は「年下男子とのデートで押さえておきたいポイント」を4つご紹介します。

カップル ストロー

➀行き先を彼任せにしない

「男性にリードしてもらいたい」と思う女性は多いもの。

でも「デートの行き先をどうしようか?」となったとき、「どこでもいいよ!」「〇〇くんに任せるね!」というのは避けるべき。年下の彼には、荷が重い可能性があります。

恋愛経験が少ない年下くんであればなおのこと、彼を困らせてしまうことに。

デートの回数を積み重ねるまでは、「ここに行きたいな!」と希望を伝え、あなたがどんなデートを好むのか伝えてあげましょう。

➁彼の雰囲気に合わせた服装で

デートは女性らしい服装で行くのは大前提。でも年下くんの服装によっては、2人の雰囲気が大きくかけ離れてしまう可能性も考えられます。

カジュアルな彼に対して、コンサバすぎるあなた……。雰囲気が大きく違うと、人は心理的にも相手との距離感を感じてしまいます。服装は、彼の雰囲気や好みを加味して、選びたいところ。

大人っぽさや女性らしさも大切ですが、彼の雰囲気になじむコーディネートのほうが距離感も縮まるはず。その上で、女性らしさを忘れないことがポイントです。

➂財布を見せつつ素直に甘える

お会計のとき、奢ってもらうべきかワリカンにすべきか……年下くん相手だと余計に悩んでしまいますよね。

でも、年下くんだって男ですから、あなたにかっこいい姿を見せたい気持ちがあります。

そんなときに、奢られることを拒否してしまうと、かわいげのない印象に……。お会計のときには、財布を出して「払う姿勢」を見せつつ、彼が払うと言ったら素直に甘えて彼を立てましょう。

ちなみに、最初のデートであなたが進んで奢るのはNG。お金を払わない男に育ってしまうリスクがあるので、気を付けておきましょう。

➃子どもや若者扱いしない

最後に忘れたくないのが、子どもや若者扱いしないということ。「若いよね~」といった言葉は、それだけ年の差を感じさせ、彼がおばさんと感じてしまう可能性があります。

また、「まだまだ年下だから」といって子ども扱いするのは、彼の「男のプライド」を傷つけることになり、相手によっては、気分を害してしまうことも。あなたに「男として見られていない」と自信を失ってしまう可能性もあります。

ついついしてしまう言動ですが、年齢を気にせず彼を男性として立てることを忘れないように。恋愛対象としての意識が高まりやすくなります。

おわりに

大人の女性としての魅力を感じさせながらも、隙を見せることが年下男子とのデートには欠かせません。

時には甘えたりして、ずっと大人ぶったりしないこと。今回紹介したデートのポイントを上手に活かして、彼の恋心を刺激していきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)