同棲の条件

あなたが彼と同棲したくても、彼の同意が得られなければ成立しません。

例えば、彼女の部屋が常に散らかっていて、全く自炊をせず、寝具も洗っていない感じだったら……。彼も『一人で暮らした方がいいかも』と考えてしまいます。

そこで今回は、同棲を前向きに考えられる彼女の部屋をご紹介。彼の背中を押すのはこんな部屋に住む女の子です。

同棲の条件

常に部屋が整頓されていて、ほのかにイイ香り!はマスト

冒頭でもご紹介したように、散らかった部屋では、彼も彼女と一緒に生活をしたいとは思わないもの。

彼が『彼女と一緒に暮らすのもイイなぁ』と前向きになれるのは、常に整頓された部屋です。ついでに、ほのかにイイ香りならなおさら良し。

普段は散らかっていて、彼氏が来る時だけ事前に掃除していても、ある日突然彼が「近くに来てるから、来ちゃった」と、あなたの普段の部屋を見てしまったら……。100年の恋も冷めてしまうかもしれません。

彼が来るから掃除、ではなく、彼がいつ来てもいいように常にある程度整頓はしておいたほうがいいです。

一切料理しない子よりも、料理がそこそこできて上手い子

彼女の家に行っても、食事はいつもデリバリーでは彼も彼女と一緒に暮らすことを想像できないかもしれません。

男子の中には『手作りよりもレストランやデリバリーのほうが断然おいしいから、そっちで良い』というタイプもいますが、家庭的な子が好みの男子ならば、手作りを食べたいと思うはずです。

食事って毎日のことです。料理の味がまずいとなると、同棲も遠のきます。もちろん、彼が料理上手で作るのも苦じゃないのなら、彼女が料理下手でもそこまで問題はないと思いますが、彼も普段自炊しない人となるとね難しいかもしれません。

同棲して、毎日外食はやっぱり食費がかさみます。今からでも遅くないので、料理が苦手な女子は練習してみてはいかがでしょうか。

インテリアの好みが似てる

インテリアの好みが全く違ったら「一緒に暮らす際、インテリアの好みで意見がぶつかりそうだな……。」と彼も考えます。

彼が白黒茶系の落ち着いた部屋が好きなのに対し、彼女の部屋が赤やピンクを基調にした部屋だったり、キャラクターグッズがたくさん置いてある部屋だったりすると「一緒に暮らせるのかな?」と疑問に思ってしまいます。

彼の好みに全てを合わせる必要はありませんが、同棲を考えるならばあまりにも彼の部屋のテイストと違う部屋では難しいかもしれません。

部屋で何時間一緒に居ても苦痛じゃない

部屋で二人きりになっても、なーんか面白くないというか、リラックスできない……。となると、彼も同棲は考えないもの。

リラックスできない理由はいろいろあると思います。先ほどご紹介したインテリア(部屋のテイスト?)もそう、部屋の散らかり具合もそう。

居心地がよくなければ難しいです。こればかりは彼の心を覗かないとわからないですが、誰が来ても居心地よく過ごせるような部屋作りをすれば、彼も同棲を考えたりするかもしれませんよ?

部屋で将来が決まるかも……

彼と一緒に暮らしたいのなら、彼が同棲を前向きに考えられるようなお部屋にしましょう。

部屋の綺麗さや家事ができるかで、彼も将来(結婚)を考えるきかっけになります。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)