彼を素敵にする言葉

言葉というのは使い方次第で相手を喜ばせることも、傷つけることも可能。

そう、言葉で彼を動かすのも可能ということ。

彼女の言葉で、冴えなかった彼氏が自然に気遣いができるようになったり、頼もしくなったりすることも十分あります!

そこで今回は、彼が積極的になり、素敵になっていく言葉をご紹介します。

彼を素敵にする言葉

「すごく嬉しい!」全力で喜びを表現

彼への感謝の気持ちは、ちょっと大げさなくらいに表現しましょう。

その方が彼だって素直に嬉しいし、また彼女のために助けてあげたい、手伝ってあげたい、わがままを聞いてあげたいと思いますから。

例えば、彼に何かプレゼントをもらった際、一言「ありがとう!」というよりも、満面の笑みとキラキラした目で「ありがとう! すごく嬉しい!」と明るい声で感謝を伝えます。

さらにSNSなどにプレゼントの写真とともに嬉しい気持ちを綴ったら……それを見た彼は「あげてよかった!」と、かなり嬉しくなるのではないでしょうか?

喜びは全力で表現したほうが、彼ももっと彼女の喜ぶ姿を見るために、いろいろ頑張ってくれますよ。

素直に「甘えたい♡」

素直に甘えたいと言う

たまには彼に思いっきり甘えたいな……なんてとき。

感情をストレートに表現できる女性なら、素直に「甘えたい」と言えているかもしれませんが、感情をあまり表に出さない方はなかなか言えずに、きっと二人でいる時もうまく甘えられないんじゃないでしょうか?

でも、素直に「甘えたい♡」と言われて、嫌な気持ちになる彼氏はまずいません! 大好きな彼女には、甘えてほしいし頼りにしてほしいと思っているものです。

直接口で言うのではなくLINEで送るのも手。「仕事がんばった〜! ◯◯くんに甘えたいなー」なんて、甘えたい旨のLINEをもらえば、むしろ彼の方から次会った時にベタベタしてくることも。

筆者も過去、彼氏にうまく甘えられず、LINEで素直に甘えたいとを送ったら、その次に会った時に彼の方からハグしてくれましたよ。

もちろんいつもベタベタしろとは言いませんが、彼をずっと惹きつけたいのなら、たまには甘えたり、甘えたいと思っていることを伝えるのは必須です。

あなたは私にとって甘えたい存在であるということを、ちゃんと認識させてあげましょう。

「友達が素敵って言ってたよ」第三者の褒め言葉

第三者の褒め言葉

ただ「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり「〇〇君って優しいよね!」と褒めたりするのもいいですが、「友達が〇〇君のこと素敵な彼氏さんだねって言ってたよ」「友達が〇〇君イケメンって言ってた」など、第三者が彼のことを褒めていたという報告も、彼としてはかなり嬉しいもの!

第三者から褒め言葉をもらうと、素敵な彼氏でいるために今以上に彼女思いの彼氏になったり、オシャレも頑張ったりします。

彼をもっと素敵な彼氏にしたいのなら、指摘よりも褒め言葉を多めにしたほうが断然効果がありますよ。

やっぱり自分を認めてくれる人というのは大事にしたいと思うし、価値のある存在なのです。

あなたの言葉で彼が素敵になる

彼が今以上に素敵な彼氏になるよう、突き動かす言葉をたくさんかけてあげることができれば、きっと二人の関係もうまくいくはず。

デートの時は必ず一つは彼が喜ぶ言葉をかけてあげましょう!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)