キスやハグなどのスキンシップが少ない彼氏に悩んだことはありませんか?

カレが奥手で照れ屋な場合もありますが、実は世の中には「スキンシップされ上手な彼女」がいるものです。

今回は「カレが長時間触れあっていたいと感じる彼女」の特徴を紹介いたします。

愛され彼女

①キスやハグの波長が合う

カレに「キスやハグなどのスキンシップの波長が合う」と思われる彼女は、カレに、いつまでも触れ合っていたいな、と思われることが多いです。

カレは、彼女とのスキンシップにプラスのイメージを持っているからです。

「波長が合うな」と感じる相手とは、一緒にいるとなぜか物事がスムーズに進む相手のことです。スキンシップにおいても、タイミングの良さや流れというものが重要です。

いくらボディータッチに弱い男性でも、そこ触られたら嫌だな、とか、今ここでいちゃつくのはちょっと……という感覚はあるものです。

カレ好みのタイミングや、触れられて喜ぶツボをよく観察し、触れ合い上手な彼女になりましょう。

②体温がほどよく高い

彼女の体温がほどよく高いと、カレは温かみを感じ、もっと長く触れ合っていたいな……と感じることが多いはずです。

よく、手が温かい人は心が冷たい、なんて言われますよね。でも、実際人肌に触れた時、やはりぬくもりがあるほうが、心地良さを感じ、リラックスできるものです。

じゃあ冷え性の私はどうしたらいいの!? と思われたかもしれません。この場合、温かい場所は別に手でなくても大丈夫です。

これは「マル秘テク」になりますが、そんな時は、自分の太ももの間にカレの手を挟んであげることです。

確実に温かい場所ですし、そのままいちゃいちゃモードになり、さらに愛が深まる可能性も!

③マッサージが上手い

肩もみなどマッサージの特技がある彼女は、カレから、長時間触れ合っていたい、と思ってもらえる可能性が高いです。

この子のおかげで心も体もリラックスできた! と感じた後だと、愛しさが倍増します。

そんな愛しさからもっと触れ合いたい、と思う場合もありますし、マッサージの心地良さの余韻から、まだ温もりを感じていたい、と思ってくれる可能性も。

カレがお疲れの時には、ぜひマッサージをしてあげてみてください。自信のない人は、ハンドマッサージから始めてみるのがおすすめです。

ただし、押し付けがましくやってウザいと思われないよう、気をつけましょう。

④触れ合わなくても会話が長続きする

実は、触れ合わなくても会話が長続きする彼女こそ、カレにスキンシップを取りたい、と思わせます。

ただの性欲以外でスキンシップを取りたくなるには、心の距離の近さが必要です。

人は相手のことを心から信頼してこそ、自分のパーソナルスペースへの侵入を受け入れられるからです。

付き合っていても心に距離があると、無意識のうちにスキンシップを拒んでしまうことがあります。ここで、会話の弾むカップルの心の距離は十分近いと言えるはずです。

まずはソファーやベッドの上でなど会話を弾ませ、話しながら自然とお互い相手に触れ合うような状況を作ってみましょう。

スキンシップしやすい彼女は長く愛される

いかがでしょうか。カレから「この子といつまでも触れ合っていたいな」と思われる彼女になるには、触れ合った時の心地良さ、落ち着きなどを感じてもらうこが大切です。

セックスの相性はよく話題になりますが、その前段階としてのスキンシップこそ、相性を重視すべきではないでしょうか。

性行為を伴わないスキンシップから性行為を含めたスキンシップまで、その全ての相性が良い女性が、最も長く愛されるのです。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)