逆プロポーズ

交際して数年経つのに、いまだに彼がプロポーズしてくれない……。

「このまま付き合い続けていても、結婚できないんじゃないか?」と不安に駆られますよね。

彼に結婚を意識してもらうためには、どうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は「結婚に踏み切ってくれない彼にやると効果的なこと」についてご紹介します。

逆プロポーズ

1、時間経過を匂わせる

アラサーになると、結婚を意識し始める男性もいます。

しかし、出産のタイムリミットがある女性と比べて、「結婚は当分いいや」と考えている男性も多いもの。

そういう男性ほど「彼女もまだ結婚は望んでいない」と思い込んでいるようです。これではいつまで経ってもゴールインできないですよね。

まずは、彼が少しでも結婚を視野に入れるよう、「もう付き合って○年だね!」「私来年X歳だよ!」など、時間経過を匂わせてみましょう。

鈍感な彼も「これは将来を真剣に考えなきゃ」と思うはずですよ。

2、大胆な提案をする

煮え切らない彼に対して、時には大胆な策に出るのも手です。

「ふたりで暮らす新居を探そう」「婚姻届けを書いてみない?」など、彼が驚くような大胆提案をするのが良いんだとか。

「両親に会ってほしい」などの具体的なものだと、「いま仕事で忙しいから」と断られてしまう可能性があります。そうすると結婚話ものらりくらりと交わされ、いつまでも平行線のままですよね。

しかし、突拍子もない大胆な提案をすることで、いままでにない新たな展開を期待することができます。

彼が結婚を意識する、ひとつのきっかけになるかもしれません。

3、逆プロポーズをする

「どんな手を使っても、彼がなかなか結婚に踏み切ってくれない……」という場合には、逆プロポーズもひとつの手段です。

「プロポーズは彼からしてほしい!」と思う女性も多いはず。しかしプロポーズ前に経済的な問題や、将来の不安が先行してしまい、男性はマリッジブルーにブルーになりやすいと言われています。

つまり彼がマジメなほど、結婚は遠のいてしまう可能性があるってこと。

だからこそ、女性のほうからプロポーズをすることで、案外すんなり結婚できたりします。

このときに「結婚後も兼業で働きたい」「家事は一通りできるよ」など、彼がより前向きになれるアピールポイントがあるとなお良いでしょう。

おわりに

まずはやんわり結婚願望をほのめかしつつ、それでもダメなら自分からプロポーズしてみましょう。

もし恥ずかしいなら「結婚したいな~!」など軽いものでも大丈夫。仮にそのときにうまくいかなくても、何かしら彼に心境の変化はあるはずです。

欲しいものは自分で掴みに行く覚悟で、トライしてみましょう!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

参考文献
・齊藤勇(2017年)『男と女の心理学入門』かんき出版