男子 プロポーズ

出会った瞬間に彼が「俺はこの子と結婚することになると思う」と直感するのってロマンティックだし、あっという間に結婚できそうで羨ましいですよね。

長年におよぶ大恋愛の末の結婚も、まあいいけど、苦労する部分もありますもんね。さて今回は、男子が結婚相手に選ぶ女子の特徴についてお届けしましょう。

男子 プロポーズ

頑張っている女子

あなたがもし、「仕事するの大変だから結婚でもしたいなあ」なんて思っていたら、彼は「この子と結婚したい」と思わないものです。

男子って、ぼ~っと生きているようで、そのじつ必死に生きています。「男をすること」って、思いのほか大変なんです。

一所懸命生きている男子は、自分と同じく一所懸命生きている女子に共感します。異性として共感するというより、人として共感します。

この「人として」の共感がないと、結婚するのがちょっとむずかしいんですよね。女子も同じでしょ?「彼、男としてはかっこいいけど、結婚相手にするにはなんか少しちがうなあ」と思うでしょ?

エッチの相性が合う女子

男子の中には、結婚したら毎晩エッチすることを夢見ている人もいます。

結婚する前の付き合っているとき、彼は彼女のご機嫌を伺いながら「今週末のデートはエッチありかな?なしかな?」なんて考えているのです。

だから彼は思います。「彼女とはやく結婚したいなあ。結婚したら毎晩2人で同じ家に帰るわけだろ?ってことは、毎晩エッチできるってことじゃないか!」と。

性愛と純愛のバランスが悪い彼はきっと、「毎晩エッチできる相手」を結婚相手にしれっと選ぶのです。大きな声で言えないけれど、これ、男のホンネです。

仕事をフォローしてくれる女子

価値観の合う女子とか、金銭感覚の合う女子も素敵ですが、仕事をフォローしてくれる女子を選ぶ男性も多いんです。

男子って、自分は生涯仕事をして稼がなくてはならないと考えています。そこには深刻さを持ち合わせた責任感があります。

なので、少なくとも自分の仕事の足を引っ張らない彼女、欲を言えば、それとなく仕事のフォローをしてくれる彼女を結婚相手に選ぶ傾向があります。

もちろん「俺の仕事をフォローしてくれよな」なんて、彼は明言しないでしょう。自営業の彼であっても言わない人の方が多いでしょう。

でも、人生の方向性がある程度定まった男子は、結婚相手を選ぶとき、その前提として、自分の仕事のことを踏まえて考えているものなのです。これは言葉にしない、男の中の暗黙のルールみたいなものです。

おわりに

「どうすれば彼はわたしと結婚してくれるのだろう?」などと考えることなく、なんとなくの流れでさくっと結婚する、というのが、もっとも理想的だなあと個人的には思います。

そういうの、どうすればいいんでしょうね。運かもしれませんね。よく「結婚って縁のものだから」って言いますしね。縁って運です。

しかし、今から結婚相手に選ばれる女子の特徴を意識して、普段から行動するだけで変わってくる部分もあるでしょう。

結婚は運の要素が強いですが、彼に選ばれやすい女性になることでゴールインできる確率も上がるのではないでしょうか。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)