大事な人だからこそ…

恋に本気になれば、男子の行動にも慎重さが増し、彼女想いのものになります。

自分が彼にとっての本命か否かを見極めたいのであれば、彼の言葉よりも行動を観察!

そこで今回は、本命だからこそしない・できないことをご紹介。

口下手な彼でも、コレをしてこないのなら、しっかり彼女の事を考えているんじゃないでしょうか?

大事な人だからこそ…

意図的に放置やスルーはしない

本気で好きなら、まず意図的に放置やスルーはしないです。男子の中には駆け引きをする人もいますが、仮に駆け引きをするとしても、だいたいは恋愛初期くらい。

好きな子と両思いと思えば、駆け引きをして相手の気持ちを試す、ということはそうしないですよ、精神的に成熟している男子なら。

なので、どんなに忙しくても放置やスルーをせず、「ちょっと待ってて、今忙しいから後で連絡するね」など丁寧な対応なら本気度は高いかと。

本当に彼女が好きなら、彼女が不安がるようなことは避けますから。

高圧的な態度や暴力的な言葉は使わない

大好きな相手に高圧的な態度をとったり、暴力的な発言をするオトナ男子はいません。

精神的に幼いのならありえるかもしれませんが……『これを言えば彼女に嫌われるかも……』という考えが一瞬でも頭を過れば、感情をセーブしたりします。

口では「好き」と言っても、時たま高圧的だったり、暴力的な感じが漂うのなら、おそらく本当には愛していないんだと思います。

本当に愛していたら、傷つけるよりも傷ついたほうがマシ、という考えになったりしますから。

彼女に我慢させるようなことはしない

彼女のことが大好きで、自己犠牲的な接し方になる男子もいます。

好きだと彼女に我慢させたくないんです。彼女が我慢するくらいなら自分が我慢したほうがいい、と考えてしまう男子も少なくありません。

彼女のための我慢は別に苦痛ではなく、むしろ気持ち的にラクだし、彼女の笑顔が見られるならそれだけで満足♪ということも。

逆に何を決めるのも彼の意見ばかりが優先……というのなら、本命じゃない可能性が。

彼が「何でもいいよ」「〇〇ちゃんの好きにしていいよ」など、どこかあなたに任せきりな感じなら、意見がないのではなく大好きなあなたに譲っているだけ。

本気だと気遣いも格段に違う

本命だからすることもあれば、逆に本命だからこそしないこともあります。

彼が元から優しい性格ということもありますが、好きだからこそ気遣っていることもあるんです。

ご紹介したようなことをまだ一度も彼にされたことがないのなら、彼の本命は高確率であなたではないでしょうか?

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)