新婚生活のコツ

大好きな彼との結婚ができたならば、この幸せな気持ちが永遠に続いて欲しいと願うもの。

彼のために自分ができることをしてあげたいですし、彼がしてくれることもたくさん出てくると思います。

そんな、新婚の時ならではの夫婦の幸せシャワーを元に、いつまでも仲のいい夫婦でいるための秘訣を探ってみました。

新婚生活のコツ

とにかく「相手のことを知れるのが嬉しい!」

一緒に暮らせば、お互いに「相手のこんな一面、結婚して初めて知った!」という発見も多いもの。知ることすら嬉しいですよね。

しかし、初めから落ち着きすぎてしまうと、それが普通、日常になってしまい、ときめきが失われてしまいます。

時折、ドキドキをプレゼントする、プチサプライズが効果的です。

ちょっとした手書きのメモを置いてみたり、記念日はもちろん、なんでもない日に花を飾ったり。さりげない刺激を忘れないようにしてください。

なんでもない毎日に、“新鮮さ”を加えるサプライズに挑戦してみてください。

してあげることが嬉しい!

パートナーの洗濯をすることすら愛おしい……。こんな気持ちは新婚ならでは。

お互いに頼られると嬉しくて、頑張る気持ちが湧いてくるもの。

例えば、彼が洗濯物を取り込んでくれただけでも、「ありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、「してくれた」「してあげた」もいつしか、当たり前に変わっていきます。

家事などの役割分担は早めに決めて、任務を全うしましょう。

「ありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになる

新婚の時は、思いを口に出して伝えるクセも残っていて、感謝の気持ちを相手にたくさん伝えていると思います。

「ありがとう」という気持ちが、より相手を思うことにつながり、感謝の気持ちを言われたら気持ちが満たされる。とてもいい循環が生まれます。

忙しかったり、生活に慣れてしまうと忘れてしまいがちですが、感謝の気持ちを持ち伝え続けていれば、相手も返してくれるものです。

幸せを持続させる努力を

新婚時の幸せな関係を持続させたいならば、幸せになる努力を怠らないことが大切です。

おつまでも愛を与え、与えられる、そんな関係が理想ですよね。

特に感謝の気持ち、「ありがとう」を口に出すことは、いつまでも忘れないでくださいね。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)