同棲してわかったこと

結婚前に一定期間、同棲をするというカップルもいるでしょう。

付き合っているときと同棲してからでは、彼・彼女は変わるものなのでしょうか?

今回は、同棲して徐々に現れてきた部分や、同棲しないと分からなかったというエピソードを同棲カップルに聞いてみました。

同棲してわかったこと

掃除しない!

「結婚式費用を貯めるために同棲を始めました。同棲して、彼女が掃除をしないことに気が付きました。一人暮らしのとき彼女の部屋に遊びに行ったら普通にキレイだったから分からなかった。俺が来る前日に一気に片づけてたらしい。掃除は俺、食事は彼女っていう風に家事分担をしていくつもりです」(28歳男性/スーパー勤務)

同棲すると、掃除や洗濯、食事作りなど日々の家事をどう分担するかという問題に直面せざるを得ないようです。

男女ともに「相手が家事を全くしない!」と驚くことも同棲して初めて気が付くことのひとつかもしれません。

でも、家事ができるかどうかは日々の練習次第でもあるので、家事をしないからと言って相手を切り捨てず、家事をどう分担するか考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

帰り時刻の連絡がない

「彼が仕事で忙しいのは分かるけど、帰り時刻の連絡がないのはきついですね。私は定時上がりなので基本的に夕飯を準備して待ってるんですけど、『友達と食べて帰る』とか『残業で帰りは深夜』とか、何度頼んでもこっちから聞かないと連絡ないからイライラしてます。同棲を機に別れることになりそう」(25歳女性/公務員)

ひとつ屋根の下で暮らすとなると、生活時間のずれがストレスになることもあるようです。小さなずれの積み重ねが別れの原因となってしまうことも。

大体の帰宅時間や連絡方法、就寝時間や起床時間など同棲を始める前にお互いにストレスにならないようなルールを決めておくと良いかもしれません。

休日の過ごし方が違う

「同棲前からうすうす感じていたものの休日の過ごし方が決定的に違うことが判明。私は新しいカフェや日帰り旅行とアクティブに過ごしたいのに彼は真逆。家でゲームしてゴロゴロしたいタイプ。毎日顔を合わせるから、休日デートも張り切るわけでもないし。休日は女友達と遊びに出かけることにしました」(28歳女性/銀行)

デートで恋人と会うときと、同棲して過ごす休日ではお互いのテンションも異なるもの。実際、休日をどう過ごしたいのかは、同棲してみないと見えにくい部分かもしれません。

妥協もしながら、納得できる休日の過ごし方を考えてみたいですね。

同棲で結婚生活のシミュレーションをしよう

結婚前に同棲する最大のメリットは、相手のことをよく知れることではないでしょうか。

家事の分担や、日々の連絡方法、休日の過ごし方など、結婚生活を想定しながら譲れる部分は譲り合ってお互いに居心地のよい距離で過ごしたいですね。

(愛カツ編集部)