LINE 彼女ネガティブ

連絡を取り合うのに便利なLINEですが、間違った使い方をするとせっかくのステキな出会いを台無しにしてしまうかもしれません。

特に知り合ったばかりの頃は、お互いのことがよくわからないだけに、一般常識に欠けていると判断される場合、この先付き合いが続かなくなることも。

この記事では、そんな非常識LINEを送られた経験のある男性3人に聞いたお話をご紹介します。

LINE 彼女ネガティブ

LINEを送ってくる時間帯がおかしい

「合コンで知り合って意気投合し、LINEの交換をした女の子がいるんです。会って話した時にはしっかりしている子だなという印象だったんだけど、なぜかLINEが入る時間が深夜や早朝なんですよね……。

内容も、急ぎとか重要事項ではなくて世間話みたいなものばかり。すっかりイメージダウンしちゃいましたね」(26歳/公務員)

LINEの気軽さゆえに、「夜中に送信しても見ないだろう」「見ていないから朝気づくだろう」という程度の気持ちで、時間を気にせずメッセージを送信している女性も意外といるようです。

LINEも電話などと同じ連絡ツールと考え、適切な時間にメッセージの送信をする必要があります。悪気がなかったとしても、普段ちゃんとしている人が非常識と思われてしまうのはもったいないことです。恋のチャンスを逃さないように注意しましょう!

ネガティブな内容ばかり

「以前、ちょっといいなと思っている女性がいて。でも、暗い話や自分のダメな部分のアピールが大半を占めているLINEを送られ続け、気が滅入って自然と返信しなくなりました……。

もちろん悩みがあって頼ってくれるのはうれしいし、女の子ってダメな部分があってもそこがかわいかったりするんですが……でも度が過ぎると、相手の立場に立って考えられない人なのかな、とちょっと引いちゃいます」(29歳/営業)

自信がなくてネガティブ発言をしてしまったり、ダメな自分も好きになってほしいと思ったりすることは、誰しもあること。でも、ずっと暗い内容ばかり送っていると彼に重く感じられ、彼もこの先の楽しい付き合いがイメージできなくなってしまいます。

悩みの相談ばかり、というのもNG。自分が前面に出すぎた内容は、子どもっぽい印象を与えてしまいがちなので、節度を守って送るようにしましょう。

ネガティブな内容になったときは、「こんなところはダメだけど、でも頑張る!」など前向きに話を締めくくれると、「かわいいな」と好印象を得られそうですよ。

相手の返信を待たず連投

「1つのLINEに対してきちんと返信しようと思っているところに次から次へと新しいメッセージが……その時点で真面目に返信する気持ちが薄れました。自分のことしか考えてないのかな?って思います」(31歳/製造業)

独り言をつぶやくSNSと同じ感覚で使用している人もいるようですが、LINEはメールと同じく人対人とのコミュニケーションツール。意思の疎通ができない連投がずっと続くと、いつの間にか疎遠になってしまうこともあります。

「逆の立場だったら……」と相手の気持ちを想像し、「会話」を意識してやり取りするようにしましょう。ひとつの内容を送ったら、いったん相手の出方を待ってみて。

LINEもその他の連絡ツールと同じルールで

気軽に利用できるLINEだと、時間や内容など、いわゆる「一般常識」から見てNGというポイントにゆるくなりがちな場合も……。

電話やメールは一般的なマナーを守っているけれど、「LINEに対しては意識が薄かった!」「SNSに投稿する感覚で使っていた」なんて人はちょっと気を付けて。

まずは今回のポイントを振り返って、気になる彼からのイメージアップをねらっちゃいましょう♡

(愛カツ編集部)