カップル 向き合う

「恋は盲目」という言葉がありますが、愛があふれすぎると困った行動をしてしまうのは、男も女も一緒です。

いくら好きだからって、「24時間、君を離さないー!」とかマジ困りますが、どんなダメ行動がありえるのでしょうか?

男性の干支別に、彼女のことが好きすぎてついやってしまうダメ行動を占ってみました。

カップル 向き合う

●子(ねずみ)年生まれ…細かい気づかいをする

子(ねずみ)年の男性は細かい性格で、好き過ぎる彼女への気づかいは何倍にも細かくなります。

寝ぐせを直してくれたり、ほどけたスニーカーのくつひもを結んでくれたり……。女子的には、だんだんいたたまれない気持ちに。でも、やらせると喜ぶのでそっとしておいて。

●丑(うし)年生まれ…じっと見つめる

「好きだから見ちゃう」のが丑(うし)年生まれの男性。

好きでいてくれるという気持ちはうれしいのだけれど、スキあらばじっと見つめてしまうので、監視されているような気持ちになってきちゃいます。

軽いノリで「そんなに見られると穴開くから!」と目隠しをして、彼に見つめすぎだと伝えるのもいいかもしれませんね。

●寅(とら)年生まれ…サプライズする

カップル プレゼント

恋愛するならロマンティック大爆発な寅(とら)年生まれの男性ですので、大好きな彼女となると大げさなことをしたがります。

サプライズなパーティーなど、対応に困るものも。「ふたりきりの時だけにしてね」とかわいくお願いしておきましょう。

●卯(うさぎ)年生まれ…ずっと一緒にいたがる

恋愛に集中する傾向がある卯(うさぎ)年生まれの男性。大好きな彼女となんでも一緒にやりたがり、ずーっと一緒にいたがります。

それはいいのですが、「家に帰らせてもらえない……!」なんてときもあります。着替えもままならないので、一緒に自宅に来てもらいましょう。

●辰(たつ)年生まれ…周りが見えなくなる

大好きな彼女に対しては、盲目的な愛を注いでしまいがちな辰(たつ)年生まれの男性。女慣れしていない&恋愛下手もしていないため、彼女だけしか見えなくなってしまうのです。

「君の好きなようにすればいいよ」となんでもワガママを聞いてあげちゃいます。でも、彼に甘えすぎではだめですよ!

●巳(へび)年生まれ…行動を指定する

男性 スマホ 不満そう

巳(へび)年生まれの男性は嫉妬深いので、LINEなどでの定期連絡を求め&してきます。

それどころか「〇時に家を出ればいいんじゃない?」「時には寝ないとお肌に悪いよ」と行動指定までしてくるのです。実際やらなくても、言うことを聞くフリをしましょう。

●午(うま)年生まれ…積極的になる

ダイナミックな性格の午(うま)年の男性。好きだという気持ちが盛り上がりまくると、言葉に出したり細かい動作で伝えたりできずに、積極的になります。

抱きしめてきたり、腰に手を添えてくるだけでなく、押し倒してきたりすることも。二人きりならまだしも、人前では本当に困るので「あ・と・で♡」と拒否しましょう。

●未(ひつじ)年生まれ…愚痴りまくる

未(ひつじ)年生まれの男性は、大好きな彼女には凹んだり愚痴っぽい自分など、「自分の全てを彼女にぶつけなきゃ!」と健気に思います。

全部受け止めていては彼女も参ってしまいますから、1割位くらいは突き放して、彼を強く育てましょう。

●申(さる)年生まれ…かっこつける

誰から見てもかっこいい彼氏でありたい申(さる)年の彼。彼女が好きすぎると、かっこつけがエスカレートします。

カジュアルな集まりなのに、デザインスーツで決めてきたり。そっと「場違いな服装になってるよ」と教えてあげましょう。

●酉(とり)年生まれ…彼女からの甘えを求める

カップル イチャイチャ

プライドが邪魔して、自分からは甘えられない酉(とり)年生まれの男性は、彼女からの甘えアクションを求める傾向があります。

自分から「好き」とは言わないけど、言わせる感じ。彼女からすると少し不満かも。そんなときは、しつこく彼に「わたしにも好きって言って!」と伝えてOKです!

●戌(いぬ)年生まれ…夫婦のように接する

好きすぎると、もう夫婦のようになっちゃう戌(いぬ)年生まれの男性。デートも実家の手伝いだったり、バーベキューセットをホームセンターに見に行ったり。

「今は甘い恋愛生活をしたいな……」と訴えれば、「あ、そうか」と気づいてくれるでしょう。

●亥(いのしし)年生まれ…のろけまくる

彼女が好きすぎる亥(いのしし)年生まれの男性がすることといったら、とにかく周りに彼女を自慢しまくってのろけることです。

自分のこととはいえ、恥ずかしくてその場にいられないほど、のろけます。言いすぎないように釘を刺しておきましょう。

●さいごに

恋にのめりこむと、周りどころか自分すらも見えなくなって「どうしたの!?」と思うような行動を取ってしまうこと、ありますよね。

彼にされるのはうれしいけれど、ときには冷静な目を持って、注意することも忘れないようにしてください。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)