彼の本音

カップルになったばっかりのときは、毎日、楽しいことばかりだと思います。

しかし、実は見えていないだけで、彼は色々と戸惑っていることもあるのかも。

付き合ったばかりは、そんなことを彼の方から切り出すころはできません。できれば、お互いわだかまりなく、楽しいお付き合いを進めていきたいですよね。

今回は、付き合いたての彼があなたに察してほしいと密かに思っていることについてご紹介します。

彼の本音

お金があまりないことを察してほしい

付き合いたての彼が一番気になることは、やっぱり経済的なこと。

付き合いはじめはたくさんデートをしたいと思いますが、お金が続かないと感じている男性も意外と多いのです。

最近は男性もあまり金銭的に余裕がない人も多いものです。ですが、さすがに付き合いたての彼女にお金がない、経済的に厳しいとは言いづらいもの。

中にはデートするのに、日ごろの食費を切り詰めてという涙ぐましい努力をしている人や、消費者金融に借りてしまっている人もいるとか。

こうなると、お付き合いそのものがいずれ破綻してしまいそうですね。彼がデートを渋る素振りをみせたり、カードで支払いをするときに、いつものカードを使っていなかったりしたら要注意です。

あなたの方から、たまには公園デートにしない?など提案してみるといいかもしれません。

割り勘にしたいことを察してほしい

付き合いたてのデートでは、男性も女性もお金の支払いには悩んでしまいますよね。

女性もお金を出したほうがいいのか、そうでないほうがいいのか。男性もプライドがあるので、「俺が出す」と見栄を張ってくれるかもしれませんが、いつも彼が出すものと思わないであげてほしいと思います。

お金は給料日にはたくさんあるけれど、給料日終わりにはカツカツになるものです。デート代のすべてをいつも彼が負担するのは、男性としてもつらいところです。

男性は女性側から割り勘を提案してもらって、そこまでいうなら割り勘にしようというプロセスを経たいもの。

ご飯はごちそうになったから、お茶は私がおごるというよりも、次回のデート代を負担する、または割り勘にしてほしいというのが男性の本音です。

女性が喜ぶところが男性の喜ぶところでないことを察してほしい

男性と女性は趣味も好みも大きく違います。

女性はインスタ映えするパンケーキ店などに行きたがりますが、男性心理としては、こんなものにこの値段というのが本音でしょう。

彼女が喜ぶなら仕方ない、と思って付き合っている男性も多くいます。その点を察してほしいと思っている男性は意外と多いもの。

お金の都合も考えて、たまには彼の好きなところに行ってみるという提案もしてみてください。

まとめ

男性と女性は考えていることも、価値観も随分と異なります。

そのことを踏まえた上で、お互いが楽しめるように譲り合えれば、距離をどんどん縮めていけますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)