付き合う夢はなにを暗示しているの?

誰かと付き合う夢をみることってありますよね。それがいまの恋人や元カレ・元カノであったり、ときには大好きな有名人ということもあります。

どうしてそんな付き合う夢をみるのか、不思議に思うこともたくさんあるでしょう。

今回は、付き合う夢はなにを意味するのか、また付き合う相手やシチュエーションなどによって夢の意味が変わってくるのかなどを解説していきます。

付き合う夢はなにを暗示しているの?

付き合う夢はなにを暗示しているの?

誰かと付き合う夢は、私たちになにを教えてくれようとしているのでしょうか。

その相手が誰なのか、付き合いはどのような段階なのか、またそれらの夢にストレスの影響が表れていることも考えられます。

付き合う夢が暗示しているものはなにか、一緒に見ていきましょう。

誰かと恋がしたい願望の表れ

ズバリ、誰かと付き合う夢は「その相手と恋がしたい」という願望の表れでもあります。

普段から誰かと付き合いたいという気持ちが強ければ強いほど、自分では意識していない深層心理では強く意識づけられ、夢に出てきてしまうといえます。

ときには、まったく好意のない知り合いや友人が、また見知らぬ人が出てくることもありますが、その場合は「付き合いたい」という気持ちがとくに強くなっている時期ともいえるでしょう。

ストレスが溜まっているサイン

誰かと付き合う夢はストレスが溜まっている可能性があります。

とくに仕事や家族など普段の人間関係でストレスがあると、そのストレスを発散したり、解消したいという思いから誰かと付き合うという夢につながります。

またストレスを感じている自分を誰かに助けてほしいという欲求の表れであるともいえるでしょう。その夢の現れた人は、あなたが抱えているストレスを軽減する手助けをしてくれる人物であるかもしれません。

付き合う相手や付き合う過程でも夢の意味は変わる

夢に出てくる相手やどんな付き合いをしているのかによっても、夢が示す意味合いは変化します。

たとえば、夢のなかで付き合う相手がとても好意的な人もいれば、逆に避けられたり、攻撃をしてくる人もいます。

また付き合う過程では、付き合い始めの相手への好奇心や愛情がまだ初々しい時期から、喧嘩や仲違いをする時期、そして付き合いがうまくいかずに別れを選択する時期など、交際時期によっても、あなたの感情は異なるはずです。

付き合う時期によって自分の対処や感情が異なるように、夢でも時期によりその意味は異なってくるのです。

付き合う相手からわかる夢の意味

付き合う相手からわかる夢の意味

ここまで付き合う夢が暗示することが、誰かと付き合いたいという願望の表れやストレスが溜まっているサインであること、付き合う相手やその過程によって夢の意味が異なることをお伝えしました。

では夢が示す意味は、付き合う相手によってどんな違いがあるのでしょうか。夢で付き合う相手別に、その夢の意味を解説していきます。

片思いの好きな人と付き合う夢

「片思いの人と付き合う夢」は、付き合う夢の中でも最も多いパターンではないでしょうか。

なぜなら、特定の人に片思いをしているときは、その人に対する自分自身の感情もとても強く、それが夢に影響しやすくなっているためです。

片思いの好きな人と付き合う夢は、あなたが本当にその相手と付き合いたいと思っていることの暗示であり、実生活ではそれがうまくできずにフラストレーションが蓄積し、それを早く解消したいと願っていることも表しています。

あまりにも頻繁にこの夢をみるなら、片思いの人になにかアクションを起こすタイミングが訪れているかもしれません。

いま付き合っている恋人と付き合う夢

現在付き合っている恋人と付き合う夢には2通りの見方があります。

ひとつめは、その夢が順調な付き合いの夢であった場合です。あなたは現在の恋人との付き合いに十分満足しており、それに感謝をする気持ちが夢に出ています。

これはいまの付き合いをこれからも続けていっても良い、という暗示ともいえます。

ふたつめの見方は、その夢があまり順調ではない交際の夢であった場合に、実際の付き合いに対しストレスや不満、不安を抱いている気持ちがそのまま夢となって表れている可能性が高いでしょう。

もし現状に当てはまるなら、恋人との関係を改善するために行動を起こすのか、お別れをするのか選ぶことが適切だということを暗示しているかもしれません。

元カレ・元カノと付き合う夢

元カレ・元カノと付き合う夢

以前付き合っていた彼や彼女と付き合う夢では、まだ気持ちがその彼や彼女に残っており、やり直したいと思っている状況があることを示しています。

彼や彼女と別れるとき、良い別れ方であっても、そうでない場合も、別れてからの期間が短ければ短いほど、自分は意識していないかもしれませんが、気持ちはまだ心に強く残っていることも珍しくありません。

そんなとき、潜在意識が働いて、元彼や彼女と付き合う夢となって表れます。

もちろん、この夢をきっかけに、実際にその元彼や彼女とよりを戻すこともひとつの選択肢ですが、「まだ気持ちが残っているんだな」と自分の気持ちを受け止め、新たな出会いへの後押しにすることもできるでしょう。

初恋の人と付き合う夢

誰でも初恋の人については忘れられません。初恋の人との恋が成就した人もいれば、甘酸っぱい失恋に終わった人もいるでしょう。

このように色々な感情がともなう「初恋の人との夢」は、恋愛運の上昇のサインである可能性が高いんです。でもそれはその夢の中であなたがうれしそう、幸せそうな様子だった場合です。

反対に、初恋の人と付き合う夢であっても、あなたが寂しさや充足感を感じていないようなら、それは現実に付き合っている彼に対して同じような感情を抱いていることを表しているかもしれません。

いまの彼に対するそのような感情を、夢の中で初恋の人に投影して満たそうとしているのです。

友達と付き合う夢

いつも身近にいる友達と良い付き合いをする夢を見たら、それはあなたの対人関係の運が上昇しているサインでもあります。

もっと友達や友達以外の人にも積極的にコミュニケーションをとり、関わりたいと思っています。

とくにその夢が全般的に楽しく良い雰囲気なら、これからのあなたの行動次第でより対人運が上がり、対人関係もスムーズに進む可能性が高いことを示しているでしょう。

しかし一方で、友達と付き合う夢がうまくいっていない付き合いの夢であれば、それは実際にあなたとその友達の関係がうまくいっていなかったり、またはその友達に対するあなたの態度に問題があるため、見直すよう伝えるサインであるかもしれません。

友達の恋人と付き合う夢

友達の恋人と付き合う夢は、その友達の恋人が素敵な人であればあるほど、あなたは友達に対し嫉妬心や妬みを持っており、それが夢になって表れています。

また嫉妬心だけでなく、あんな素敵な彼と付き合ってみたいと日頃から思っており、自分もそんな彼と付き合いたいという願望が強いことも象徴しているでしょう。

またこの夢の別の意味として、その友達との関係性は良く、もっと仲良くなりたいと思うことが夢に表れたことも考えられます。夢の中で、その友達の彼と付き合い、友達と同じ立場になることで、より親近感を得ようとしています。

嫌いな人と付き合う夢

嫌いな人と付き合う夢

嫌いな人と付き合う夢、現実ではありえない!と思っていても、実際に見る頻度が高い夢でもあります。

その理由として挙げられるのは、嫌いな人に対して、普段から強い負の感情を抱いているから。負の感情は私たちが思っている以上に心や体に影響しており、夢の中でも無意識にその強い感情が出てきます。

この夢が出てきたら、それはその嫌いな人との関係であなたは相当のストレスが溜まっているサインかもしれません。

自分でも気づかない位にそのストレスが溜まっており、これ以上ストレスが溜まると危険だという警告の可能性も。その嫌いな人との距離を取るなど、早めの対処をすることをお勧めします。

上司と付き合う夢

職場の上司や目上の人と付き合う夢を見たら、それは仕事へのモチベーションが上がっており、上司や目上の人に自分の仕事を評価してもらいたいという気持ちが表れています。

この夢をみたら、いまの仕事や状況を振り返ってみましょう。もっと仕事をがんばりたい、昇進したいと自分が意識しないところで思っていませんか?

もし少しでも仕事により前向きになれる状況であれば、実際に行動に移すタイミングともいえます。

仕事運の向上のほかにも、この夢では本当にその上司や目上の人に好意を持っていることを表していることもあります。

上司と部下という関係だからこそ、実生活ではなかなか付き合うまで関係性は発展しにくく、そのフラストレーションが夢になって表れているのでしょう。

同僚と付き合う夢

同僚と付き合う夢を見たら、それはその同僚に本当に思いを寄せていることの表れです。

または、まだそこまでの恋愛感情を抱いていなくても、これからもっと仲良くなりたいと思っています。

さらに、その同僚とたのしく幸せな雰囲気を出していたのなら、あなた自身の恋愛運や職場での仕事運が上昇している可能性もあります。

逆に、その同僚との夢が後味の悪いものであれば、あなた自身の職場でのふるまい方、同僚との付き合い方になにか問題が隠されていることもあります。

その場合は、職場で円滑なコミュニケーションが取れているかどうかなど、いちど見直してみるのも良いかもしれません。

後輩と付き合う夢

後輩と付き合う夢は、その後輩に好意を持っていることを表しています。

またその付き合いが順調で幸せなものなら、あなた自身の職場での人間関係も良く、仕事運も上がっていることを表しています。

一方で、その後輩に対して夢の中で嫌われるような態度をとっていたり、その夢自体があまり良くない雰囲気で終わっている場合は、職場でのあなた自身の後輩たちに対する態度やコミュニケーションを振り返ってみてください。

なにか仕事を押し付けたり、後輩たちから嫌われるような態度をしていませんか?

後輩と付き合う夢でも後味の悪い夢は、職場で後輩があなたから受ける気持ちの表れであるため、仕事の仕方や後輩への接し方を考え直す必要があるかもしれません。

知らない人と付き合う夢

知らない人と付き合うことは実生活ではあまり考えにくいことです。しかし、夢の中では、実はその知らない人こそが自分の理想の相手の象徴であることが多いです。

そのため知らない人と付き合う夢は、これから訪れる恋愛運向上のサインでもあります。

その夢から覚めたあと、あなたはどんなことを感じましたか?

うれしくて幸せな気持ち、新しいことが始まるワクワクする気持ちなどポジティブな気持ちがあれば、恋愛のチャンスがやってくる兆候です。

その機会を逃さないよう、いつでも恋愛モードに入ることができるように準備をしておきましょう。

同性と付き合う夢

同性と付き合う夢

同性と付き合う夢は、あなたの運が上がってきているサインです。

自分は同性愛者ではないのにおかしいと思うかもしれませんが、夢は現実とは異なり、あなたの深層心理が作り出しています。

とくにこの同性と付き合う夢は、対人関係において、あなたの能力がますます発揮されることも表しています。同性や異性、私生活や仕事に関わらず、積極的に対人交流をすうことで仕事やプライベートをより充実させていくことができるでしょう。

一方で同性と付き合う夢は実は自分自身が気づかないところで、異性ではなく同性にも恋愛感情を少なからず持っているということの心の表れであるかもしれません。

その場合は無理をして気持ちに蓋をするのではなく、少しずつ受け入れる準備をすることも必要になるでしょう。

外国人と付き合う夢

東京オリンピックを控え、日本に来日する外国人も増え、日常的に外国人を目にする機会も多くなりました。あなたの身近にも外国人が近所に住んでいたり、同じ職場で働いていることもあるかもしれません。

もしあなたが普段外国人と接する機会がなく、友人にも外国人はいないという状況で、外国人と付き合う夢を見た場合、それは好奇心が高まっており、新しいことに挑戦することに前向きになっていることを表しています。

外国人と付き合う夢を見たからといって、外国に関わることだけに挑戦するのはありません。

自分がこれまでやりたいと思っていたのにできなかったことに挑戦するという、人生の変化のタイミングが来ているサインとも受け取れます。

芸能人と付き合う夢

芸能人と付き合う夢を見たら、その芸能人のファンであれば、芸能人を好きで憧れる気持ちがそのまま夢に出てきたといえます。

また、有名な芸能人と付き合うことで、周りから認められたい、周りより優位に立ちたいという欲求が強くなっていることもあります。

ただ、実生活では芸能人と付き合う可能性は高くないため、芸能人と付き合う夢を見ること自体、自分自身が傲慢になっていたり、普段の生活で思い上がっていることを示していることもあります。そのときは、もう一度自分の生活や生活態度を振り返りましょう。

気づかないところで、相手に傲慢な態度や上から目線な態度で接したりしていませんか。その行動を改めるように夢が教えてくれているのかもしれません。

相手との付き合い方でわかる夢の意味

相手との付き合い方でわかる夢の意味

さてここまで、夢で付き合う相手によって分かる夢の意味を、いろいろなパターンに沿ってお伝えしましたが、ここからは、今度は夢に出てきた相手とどう付き合うかによって変わる夢の意味をご紹介します。

ここでは夢の一例として、結婚を前提に付き合う、浮気しながら付き合う、浮気されながら付き合うという夢のシチュエーション別に解説します。

夢から得られる意味を判断するのにぜひ参考にしてみてください。

結婚を前提に付き合う夢

実生活で、付き合ってる相手と結婚を前提に交際する夢をみた場合、それは紛れもなく、あなた自身がその相手を結婚をしたいと思いが強いことを表しています。

しかし、一方で自分は結婚したいと強く思っているのに、相手がそう思っていない、周囲が反対しているなどの状況がある場合にも、そこにストレスを感じ、結婚を前提に付き合うという夢に出てくることがあります。

さらに、結婚を前提に付き合う相手が友人や知人、まったく知らない人であれば、その夢はこれからのあなたの運勢が上向くことを示している可能性があります。

結婚は人生の中でも一大イベントです。それに向かって付き合う夢は、あなた自身の思考や行動、環境すべてが良い幸せな方向へ向かっていると暗示しています。

浮気しながら付き合う夢

夢に出てくるどの相手であっても浮気をしながら付き合う夢は、良い夢とは言えません。もしかするとあなたに浮気願望が潜んでいるかも……。

実生活においても仕事や恋愛でなにか困りごとや悩みはありませんか?その心の不安や葛藤が浮気という形で夢に表れているのです。

浮気をしながら付き合う夢をみたら、まずは現在仕事や恋愛でストレスに感じていることはないか考えてみましょう。

実は自分が気づかないところで、不安や不満を抱いていることがあり、それがストレスにつながっている可能性があります。

浮気されながら付き合う夢

相手に浮気されながら付き合う夢は、なんとも後味の悪い夢ですが、この夢からはいろいろなことが推測できます。

ひとつは、現在付き合っている人がいる場合は、その相手に対する不信感が相手に浮気される夢という形で出てきています。相手に対して浮気しているのではないか、きらわれるのはないかという不安や不信感を実際に持っていませんか?

そのほかには、自分自身が付き合っている相手に対して不安や不信感につながるようなことをしている場合も、「バレたらどうしよう」という思いが相手に浮気をされる夢として出てきます。

このパターンの夢をみた場合は、とくに付き合っている相手に対して隠し事はされていないか、自分がしていないかを考えてみましょう。もしあればお互いに行動を修正する必要があります。

自分ではなく恋人が誰かと付き合う夢からわかる意味

自分ではなく恋人が誰かと付き合う夢からわかる意味

では最後に、今度は自分ではなく恋人が、自分以外のほかの誰かと付き合う夢をみた場合の夢についてお伝えしましょう。

恋人を好きであればあるほど、想像しにくいことかもしれませんが、実はその夢にはいろいろな意味が含まれており、恋人に対するあなたの気持ちをよく表していることもあります。

これらの夢をきっかけや参考にし、これからどう恋人と付き合っていけばいいのか考えることができるかもしれません。

恋人が友達と付き合う夢

恋人が自分の友達と付き合っている夢をみたら、その夢のとおり、恋人が友達に取られてしまうかもしれないという不安がそのまま表れています。

また、その友達が魅力的であればあるほど、その友達に嫉妬や妬みの感情を持ち、自分よりも友達の方が優れていると感じている場合も多いです。

そのため、自分よりも優れている友達だからこそ、大切な恋人も取られてしまうという考えになってしまい、それが夢となって表れるのです。

この夢をみた時は、実際に恋人と友達が付き合っていることはないと思いますので、まずはあなた自身に自信をつけることから始めましょう。それによって恋人とより良い関係を築くことができるようになります。

恋人が知らない人と付き合う夢

恋人が知らない人と付き合う夢をみた場合、それは実際に恋人がほかの人と親しくしていたり、最悪の場合は本当に浮気をしている可能性があります。

普段自分では意識していないかもしれませんが、相手の態度になにか不信感を抱いたことはありませんか?実際は、誰かほかの相手の存在を感じているのに、それを認めたくないので気持ちを抑えてしまっていませんか?

夢はあなたのそのような抑えられた感情をよく写し出すことがあります。神経質になりすぎることはありませんが、まずは自分の気持ちに正直になることから始めてみましょう。

夢が教えるサインを見逃さず、行動を変えるチャンスにしよう!

夢が教えるサインを見逃さず、行動を変えるチャンスにしよう!

どんな相手と付き合う夢であっても、また異なるシチュエーションの付き合いの夢であっても、それぞれの夢には意味があります。

実は、実生活においてあなたが強く思っていること、または逆にあまり考えたくないことなどの深層心理が夢によって表れています。

付き合う夢はとくに恋愛、対人、仕事関係など人と関わる、あなた自身の思考や行動を変えるタイミングが訪れていることを示していることも多いといえます。ですので、それが良い夢でも悪い夢であっても、自分の思考や行動を変えるチャンスと捉えると良いでしょう。

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)