長続きしないカップル

付き合いを長続きさせるためには、「相手がイヤがることをしない」のが大切。

いくらラブラブでも、相性が良くても、彼氏の気持ちを萎えさせる言動をしてしまうと、ふたりの関係はあっという間に黄色信号!

今回は、そんなことにならないように、関係を長続きさせている女性が、絶対にしないことをまとめました。

長続きしないカップル

電話に出なかった理由をごまかす

ついつい友だちとのおしゃべりに夢中で、彼氏からの電話(着信)に気づかなかった……。

そんなことはありませんか? ちょっぴり罪悪感を持っているなら、それはいいこと。彼のことを大切に考えてる証拠でしょう。

でも、「機嫌をそこねるかも……」と考え、電話に出れなかった理由をごまかしてしまうのはNG。

「仕事中だった」「図書館にいた」などと、まっとうそうな理由でウソをつかず、正直に話すのが正解。

その正直さが、長続きする信頼関係を作るのです。

彼の部屋を散らかす・汚す

彼から合鍵をもらったら、信頼の証と感じますよね。

合鍵は、「いつでも部屋にあがっていいよ」というメッセージとも取れますが、部屋を散らかしたり、汚したりしていいわけではありません。

彼氏が帰ってきたら、ゴミが散乱している、食べ散らかしがある、水回りがビチャビチャ……。

こんなことがないようにしましょう。逆に、ちょっと掃除してある、整理整頓されていると、かなり好印象。

ものの位置を変えたりせずさっと整えられれば、“THE”いい彼女です。

彼氏より推しメンを優先する

好きなものはお互いあるもの。

もちろんそれは個人の自由ですが、異性のアイドルに熱を入れすぎるのは要注意。

「自分より明らかに優先順位が高い」と、彼氏が感じてしまうと、関係にヒビを入れることになりかねません。

アイドル、アニメ、ゲーム。何次元かは関係ありません。

付き合ったなら、彼氏が「一番に考えてもらえてる」と感じられるよう、ほどよく自制するのが賢そうです。

他の男性とふたりっきりになる

幼馴染や親友など、たとえ健全な関係であっても、他の男性とふたりっきりになることを、彼氏は快く思いません。

疑うわけではなくても、多少なりとも不安になる方がほとんどです。

そして、そんな不安が、時間とともに大きくなり、やがて信頼に亀裂を生じさせてしまうことも……。

仕事でやむを得ず、異性とふたりきりになることもあるかもしれません。

そんなときも、アフターのお誘いは断ったり、休憩中にLINEを入れたり。ちょっとしたフォローが◎です。

お持ち帰りがありそうな場に行く

すごく楽しそうで魅力的でも、「酔った勢いでそのまま……」というお持ち帰りがありそうな飲み会、夜のホームパーティー、クラブなどにはいかないように自制するのが正解。

自分にそんなつもりがなくても、周りの人がなにを考えているかはわかりません。

うっかり泥酔させられて気が付けば……、なんてことも、彼氏は心配するもの。

彼氏を不安にさせない気遣いが、長続きの必須条件です。

おわりに

長続きに必要な「信頼」や「気遣い」。

これらには、1日1日の積み重ねが必要です。

彼氏を不安にさせる選択をしながら、「信じて」というのは無理な話。

彼を大切にする気持ちから、ほどよく自制し、彼に心を委ねて、絆を強くしていきましょう!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)