付き合って3か月の壁

付き合って3か月の壁という言葉をよく耳にします。付き合いたての新鮮さがなくなり、ぶつかることも増えてくるでしょう。

この3か月を乗り越えられるかで、今後の二人の関係も変わってきます。

では、付き合って3か月のカップルがぶつかる壁には、どんなものがあるのでしょうか。

付き合って3か月の壁

お互いに不満が出てくる

「最初は許せていたことが、だんだんと嫌だと思うようになってきた。でも、相手には言えなくて不満が爆発して、別れてしまった」(24歳/営業)

付き合う前や付き合いたての頃は、相手の嫌な部分を見てしまったとしても、見ないようにする傾向があります。

しかし、付き合って3か月になると、冷静な判断ができるようになり、相手の嫌な部分が見えた時に気になってしまうでしょう。

そこで我慢するのか、きちんとお互いに向き合っていくのかで、付き合って3か月の壁を乗り越えられるかが決まるのです。

彼と長く付き合いたいと思っているなら、お互いに不満を貯め込まないようにしましょう。

感謝の気持ちが薄れてくる

「付き合って3か月頃くらいから、ご飯を奢っても、家まで送ってあげたりしても、お礼を言われなくなった。彼氏として、彼女のために色々してあげたいと思っているけど、ありがとうは言って欲しい」(26歳/IT系)

彼がご飯を奢ってくれたり、送り迎えをしてくれたりした時、素直に「ありがとう」が言えるのが付き合い始め。

しかし、付き合って3か月にもなると、いつのまにか、してもらって当然という気持ちになってしまいます。

自分のために相手がしてくれること、いつまでも一緒にいられることは、当然のことではありません。

お互いに感謝の気持ちを忘れずにいると、3か月の壁なんて簡単に乗り越えられるでしょう。

会話が減ってくる

「デート中に沈黙の時間ができたり、忙しいと連絡も頻繁にしなくなったりする」(23歳/メーカー勤務)

付き合って3か月のカップルは、会話が減ったり、連絡がまめではなくなったりする傾向があります。

沈黙ができるのは、一緒にいる時間が長くなって、お互いにリラックスできている証拠ともいえるでしょう。

そこで、つまらないと感じるか、沈黙の時間があっても気にならないのかで、今後相手と長く付き合っていけるかが分かるかもしれません。

また、連絡が頻繁に来なくても、相手のことを信じることができるなら、付き合って3か月の壁は大丈夫でしょう。

付き合いたての気持ちを忘れない

付き合って3か月になると、どうしても緊張感がなくなり、けんかも増えるでしょう。

でも、それはお互いに気を許しているからこそのこと。ここでお互いに理解し合えるかし合えないかで、今後の二人の関係は変わっていくでしょう。

大事なことは、付き合いたての気持ちを忘れずに、相手のことを思いやる気持ちを持つことです。

(愛カツ編集部)