嫉妬深い彼の対処法

嫉妬深い男性と付き合っていくうえでは、接し方や対処の仕方にもそれなりに注意が必要です。

下手に刺激をして嫉妬心をあおったりすることがないようには心がけておいた方がいいでしょう。

そこで今回は、「嫉妬深い彼」への上手な対処法を紹介します。

嫉妬深い彼の対処法

「事前連絡」はしておく

彼氏が嫉妬深いのであれば、「こまめに連絡を取る」というのは必須条件になってくるでしょう。

特に、「事後報告」ではなく「事前連絡」をするというのは、絶対に欠かしてはいけないかも。

何も後ろめたいことなどはなくても、事後報告だと余計な疑いや誤解を生むようなことにもなりかねません。

帰りが遅くなりそうなときや友人と遊びに行くようなときは前もって伝えるようにすると、彼氏の安心度合いもアップするはずですよ。

「彼の話」にきちんと耳を傾ける

嫉妬をされることを鬱陶しく感じたり面倒に思うことがあったとしても、無視をしたり、話を聞き流したりするのはNG。

これではさらに彼氏の嫉妬心が大きくなり、ただただ悪循環に陥っていくだけです。

ちゃんと話を聞く姿勢を見せて、意見や言い分に耳を傾けることで、彼氏の気持ちも多少は落ち着くものなので、嫉妬を煽るようなことにはならないはず。

そのうえで、間違っている意見やおかしな誤解には、訂正や事実を伝えるようにすると、彼氏もわかってくれることでしょう。

「愛情」を言動で伝える

彼女から自分に対する愛情が感じられなくなると、男性の嫉妬や束縛は大きくなりやすいです。

「他に好きな男でもできたのかな?」といった妄想が広がったりもするので、どんどん縛りつけたくもなっていくのでしょう。

また、男性は「察する」ということがとても苦手なので、わかりにくい愛情表現では伝わっていないケースも多いもの。

「好きだよ」と言葉にしたり、あなたからデートに誘ったりして、きちんとわかりやすく愛情を伝えると、嫉妬心も少しずつ薄れていくはずですよ。

「嫉妬の原因」を知る

嫉妬といっても色々なパターンがあるので、何に対して嫉妬をしているのかの原因を知ることが大事です。

他の男性への嫉妬なのか、あなたの気持ちが感じられないことへの憤りなのか、それとも全く違う何かに対するものなのか。

その原因がわかれば、そこに注意を払って行動を取ることで、ぎくしゃくするようなこともなくなるはず。

他の男性と仲良くしたあとに怒りっぽくなるとか、デートやエッチを拒んだときにすねるなど、どういったときに嫉妬行動が出るのかはチェックしておいた方がいいでしょう。

おわりに

彼氏に嫉妬深い一面があるのなら、それをきちんと理解して接することが重要です。うまく対応していくことができれば、嫉妬心が増大していくようなことにもなりにくいはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)