相性の良い年の差

「この人話しやすいな~」「相談ごとをするならあの人!」と思う相手って、意外と共通項があったりします。

そのひとつが年の差。あなたと相性の良い男性の年の差を、運命を司る数字の秘術を使って占ってみました。

自分の生年月日からあなた自身を表す数秘で、秘密をのぞいてみましょう。

相性の良い年の差

<数秘の出し方>

誕生年月日の数字をばらして、すべて足します。ひと桁になるまで足し続けてください。

例:1990年1月1日生まれ→1+9+9+0+1+1=21→2+1=3

あなたの数秘はわかりましたか? それでは、相性バッチリな男性の年の差を見ていきましょう!

●数秘1……9歳差、年上限定

尊敬できる人でないと、恋愛どころか人として認めるのもひと苦労と思ってしまう数秘1。

相性の良い年の差は9歳ですが、こういう性格なので、経験豊富な年上限定となります。

年上なら、知らないことを知っている可能性が高いし、人生の先輩として受け入れることができるからです。

●数秘2……年上年下5歳差

あなたと相性の良い年の差

他人からの好感度が高い数秘2は、だいたいの男性から相性が良い、と思われる女性です。

しかし、本人が心地の良い年の差は5歳。

誰に対してもニコニコ穏やかに対応するので好感度が高くなるわけですが、年上年下5歳差には心が通じやすく、文句やグチなどの本音も言えるのです。

●数秘3……8歳年が上

8歳上が、数秘術的に相性ラッキーな年の差になります。

数秘3は年の差にこだわらずに人付き合いをしますが、恋愛となると、年下クンの面倒を見るのは面倒くさくて苦手。

ちょっとくらい年が上なだけでは、精神年齢が同じかそれ以下になってしまうので、8歳年が上の相手が相性良しなのです。

●数秘4……2つ上

世間人並みな年の差(男性の方が年上)であることが、数秘4の理想の恋愛ポイントのひとつ。

数秘4本人が納得していて、数秘術的にもラッキーな年の差は、2つ上となります。

年が上という事実があるので甘えることもできるし、2つしか違わないからと文句も遠慮なく言える、ちょうどいい差なのです。

●数秘5……上でも下でも7歳差

数秘

数秘5は好奇心が旺盛で、幅広い世代の人と付き合えるアクティブな性格です。

刺激をたくさんくれる相手が相性良く付き合える相手で、ベストな年の差は7歳。

小学生時代がまったくかぶらず、まさに世代の違いを感じることができるこの年の差は、数秘5にはとっても魅力的なのです。

●数秘6……上でも下でも4歳差

好きな人のお世話をし、尽くすことで自分の精神が安定する数秘6。

相性の良い年の差は4歳です。中学校、高校時代が重ならない年齢で、身近だけど知らない部分も多く、いろいろ話を聞いてあげておせっかいしたくなる対象と言えます。

年上でも年下でも、楽しく過ごすことができるでしょう。

●数秘7……ひと回り上か下の12歳差

クールに決めているように見える数秘7ですが、恋人の気持ちを読みすぎて凹みやすく、精神的にもろいところがあります。

相性が良い年の差は12歳。

ひと回りも年齢が上ならば強がらずに思いっきり甘えられるし、うんと年下ならば気を使わずに付き合うことができ、気持ちも安定するのです。

●数秘8……1歳差

数秘8

リードすることに幸せを感じる数秘8。

自分の言うことを聞いてくれる、ちょっと気の弱い男性と相性が良く、ベストな年の差は1歳。

同い年はライバルだし、年が離れるほどに「年上なのに知らないの?」「年下なのにかわいくない」とアラ探ししがちですが、1歳でも差があれば許せるのです。

●数秘9……同い年がベスト

数秘9にとって相性が良いというのは、ラクに付き合えるということ。

相手が何歳だろうとあまり気にしないし、それなりに仲良く付き合える数秘9ですが、気楽な相手としては同い年がベストとなります。

世相や経験してきたことに共通項が多く、説明しなくてもわかり合えるのがいいのです。

時代や世代の感覚が合う相手を探そう

子どもから大人になる期間に経験した「時代」「世代」の感覚が、どうしても相性に関わってきます。

その感覚の違いが、良くも悪くも恋愛のスパイスになるのです。

自分に合った感覚を持った相手を、恋愛対象として探してみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)