LINE 秘密

好きな人と、LINEを長続きさせたいと思うのはみんな一緒。

でも、LINEのやりとりがすぐに終わってしまう……そんな悩みを抱えている方も結構多いようです。

相手によっては、チャットみたいなやりとりもあれば、1日1通みたいなやりとりも。そこで今回は、LINEを長続きさせる簡単テクをまとめました。

LINE 秘密

1.短文を心がける

LINE 返しやすい

彼が長文の人ならいいのですが、大抵の男性は、LINEやメールが短文傾向にあります。彼が短文なのに長々としたLINEを送ってしまうと、重たい印象となり、やりとりがすぐ終わってしまう原因に。

読みやすい短文を心がければ、男性も返信しやすく、結果的にやりとりが長続きしやすいもの。1日1通の人も、LINEが長くなりすぎないように意識するのが◎です。

2.スタンプを上手に活用

スタンプは、やりとりを楽しく盛り上げてくれる重要な存在。ただし、スタンプ連投をうざいと感じる男性も……。スタンプをあまり使わない人なら、やりとりの終わりに「おやすみ」といった内容のスタンプを添える程度が◎。

また、ふざけたユーモアスタンプは、距離が縮まるきっかけになる反面、やりすぎると引かれる可能性もあるので、彼のキャラクターに合わせるのが良いでしょう。

真面目なインテリタイプの彼には、温度差が出ないよう、ふざけたようなものより可愛いスタンプに留めておくほうがおすすめです。

3.相手の返信スピードに合わせる

やりとりを長続きさせるには、「温度差を感じさせないこと」がとっても大切。たとえば、ゆっくりLINEしたいのに、頻繁に連絡がきたり、秒速で返信がきたりすると、男性は温度差を感じて「面倒だな」と感じ始めてしまいます。

ただ、わざと返信を焦らすのは、彼が脈なしだと勘違いしてしまう可能性もあるのでおすすめしません。彼が数分で返信したら、自分も数分で返信する、数時間空いた場合はこちらも最低1時間は空けて返信すると、気楽なやりとりができている印象に。

すぐ返信がくるチャットタイプの彼には、こちらもすぐ返信すると彼のテンションを保つことになり、やりとりが長続きします。

4.伝えたいことを明確・簡潔に

男性は同時に多くの物事を考えることが苦手です。そのため、1通のLINEに質問や話題が何個もあったりすると、返信が面倒になってしまう人も。

伝えたいことをひとつに絞って明確・簡潔な内容にまとめると、やりとりが長続きします。送るLINEを読み返し、相手の気持ちになってみると、LINEで失敗することを回避できるはずです。

5.遅い時間の返信は翌日に

深夜のLINEは、心理的にも気持ちが盛り上がりやすいもの。ただ、その結果、感情的になりやすく、突っ走ってしまう傾向にあるようです。また、規則正しい生活を送っているアピールが、好印象になることも多いもの。

遅い時間の返信は翌日にまわして「ごめんね! 昨日寝ちゃった!」と送ると、自然に次の日もやりとりを続けることができます。

おわりに

LINEが盛り上がると、自然と距離が縮まります。そのためには「彼のLINE活用方法に合わせる」という意識を持つと、温度差も生まれにくく、LINEで彼と仲良くなることができるもの。

LINEを長続きさせて、恋愛成就を目指しましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)