妻にぞっこんな旦那

男性が女性を「好き」と思っているかどうかは、行動を見ればわかるもの。

もしも、態度がそっけない夫でも、今回紹介するような行動を取っているなら、妻にゾッコンな証です!

合わせて、夫にゾッコン行動をしてもらうためのポイントもご紹介していきましょう。

妻にぞっこんな旦那

スキンシップが多い

「好きな人には、さわりたい」というのが男性の本音。

子どもがいてもいなくても、夫が妻にゾッコンだと、スキンシップが自然と多くなるようです。

ちなみに、パジャマやゆったりしたルームウェアを着ているときよりも、化粧をして外出着を着ているなど「よそ行きモード」のときに、余計にさわりたくなるようです。

スキンシップを増やすためには、さわられたときに“嫌がらないこと”が鉄則。

拒否されると、男性は意外と深く傷ついてしまうので要注意。

そんな気分じゃないときは、手を握りながら「今日はだめ」と伝えるなど、やんわり断るようにしましょう。

褒めてくれる

新しい服を買ったら「かわいい」、料理を「おいしい」など、ちょっとしたことを褒めてくれるのも、ゾッコンサイン。

こまめに褒めるというのは、妻のことをよく見ていないとできません。

それに、仲良くしたいと思っていないとしない行動です。

この行動を増やしてもらうためには、夫がちょっとしたコメントをしてくれたときにすかさず、「ありがとう。嬉しい」「気づいてくれたんだ、よく見てるね」と、夫が褒めてくれた行動に対して褒め返してあげてください。

そうすれば、またあなたの虜になっていくはず。

妻を喜ばせようとする

好きな人には喜んでもらいたいですよね。

欲しがっていたものをこっそり買ってきてくれたり、妻の好きなスイーツをお土産にしてくれたり……。

妻のことをよく見ていて、喜ばせようと思っていないと、なかなかできない行動です。

夫がもし、そのような行動をしてきたらきちんと喜んであげましょう。

「無駄な買いものしちゃって」「サプライズじゃなくてもいいのに」なんて、照れ隠しはNG。

大げさなくらい喜ぶのが正解です。

メールや電話の連絡がマメ

仕事帰りやイベントからまっすぐ帰ってくるだけでなく、「いまからここに行く」「もうすぐ着くよ」と連絡が来るということは、その瞬間、頭のなかに妻がいるということ。

男性はもともとひとつのことに集中すると、他のことは後回しになったり忘れてしまったりすることが多いもの。

それをマメにできるということは、よっぽど妻のことを大好きなサインです。

ただ、「いつも細かく連絡して!」と要求するのは男性にとって重荷になります。連絡してくれたら喜ぶ、してくれなくても気にしない、くらいのスタンスでいられれば、より良い妻になれるはずです。

妻と一緒にやろうとする

美味しいものや面白そうな映画を見つけたときに、「今度〇〇食べに行かない?」「この映画見ようよ」と、妻を誘ってくるのも、ゾッコン夫の特徴のひとつ。

自分の好きな釣りに誘ったり、ハマっているスマホゲームに誘ってきたりしませんか?
こういう自身の趣味を妻と一緒にやろうとするのは、“好きな人と、楽しみを分かち合いたいから”です。

あまりにも興味がないことや、自分には合わないものを一緒に楽しむ必要はありません。ただ、たまには夫の趣味にも付き合ってみると、意外なほどに喜んでくれるはずです。

おわりに

こんな行動があれば、表面的にはクールに装っていても、ゾッコン間違いなし。

クールに来たからといって、クールな反応を返さなくてもOKです。

からかうのはNG。素直に喜んじゃいましょう。
そうすれば素直じゃない彼らはまた、ゾッコン行動を繰り返してくれるはずです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)