彼氏がいるのにセフレを作ってしまう女性の心理

なんとなく「浮気は男性がするもの」というイメージがありますよね。

なので、彼氏がいる女性がセフレを作るなんてあまり考えられない事かと思います。

しかし、最近は彼氏がいる女性でもセフレを作る事が多くなってきています。

なぜ彼氏がいるのにセフレを作ってしまうのか?そんな女性の心理などを今回はご紹介していきます。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまう女性の心理

彼氏がいるのにセフレを作ってしまう女性の心理

女性の方がなんとなくですが一途でしたたかなイメージがあると思います。

なのに、なぜセフレを作ってしまう女性がいるのでしょうか?

ここでは、セフレを作ってしまう女性の複雑な心理を解説していきます。

彼氏がセックス下手

大好きな彼氏。

優しくて、気が合って、将来結婚するならこの人と…なんて思っている女性は沢山います。

付き合う前から彼氏の性格は分かっているものの、セックスの相性は付き合ってからしか分からないというのが大半です。

なので、付き合ってから彼氏が下手でがっかりなんて事はよく聞く話です。

しかし、性格が好きな分ただそれだけで別れを切り出す事はなかなか出来ません。

そんな時に相性が良いセフレを作ってしまうという女性は多いです。

セックスの頻度や回数に満足できていない

頻度や回数に満足出来ていない女性もセフレを作る傾向があります。

付き合いたての時期は情熱的で、何度もしていたセックスも付き合いが長くなるとだんだんと回数が少なくなっていくものです。

自分から彼氏に要求するのも恥ずかしいですし、拒否されたら落ち込んでしまいます。

そんな時に新鮮な気持ちでセックスが出来る相手を作ってしまう傾向があります。

セフレであれば、割り切ってセックスをする事が出来るので恥ずかしさもないですし会ったらセックスを出来るので都合が良いのです。

アブノーマルなプレイがしたい

アブノーマルなプレイを彼氏としている女性は少ないです。

彼氏とは性格や外見の好みで付き合うというパターンが多いですよね。

セックスの相性は後になってからしか分からないので、実はこんなプレイが好きと言う事は言いにくいです。

特に女性は「嫌われたくない!」という思いからセックスの要望を言いづらく感じるものです。

しかし、セフレはセックスの相性のみを重視すれば良いのでアブノーマルなプレイをしやすいです。

なので彼氏とは出来ないような恥ずかしいプレイをしたい女性はセフレを作ってしまうケースが多いです。

寂しさから

女性は寂しがりやな人が多いです。

大好きな彼氏が忙しくてなかなか会えなかったり、連絡がないとどうしても寂しくなりますよね。

そんな時に彼氏にかまって欲しいとわがままを言っても嫌われてしまうのではないのかと思ってしまいます。

そこで寂しさを埋めるためにセフレを作ってしまうという女性が多くいます。

好みではなくても時間の融通が利いたり、会えるタイミングが合いやすい男性がいたらセフレになってしまうというパターンが多いです。

誘いを断れなかったから

男性からの強い誘いを断れない女性も多くいます。

例えば、押しに弱かったり誘ってきた男性が好みのタイプだとしたら断りづらいです。

最初は彼氏がいるからと断っていたとしても、相手が強引だったらセフレいう関係になってしまうパターンがあります。

女性はなにか言い訳が欲しい生き物です。

誘われて、どうしても断れなかったんだと自分に言い訳が出来るので好都合です。

女性としての自尊心が高められるから

彼氏から求められなくなったら、自分に魅力がなくなってきてしまっているのかと悩んでしまうのが女性です。

そんな時に自分を求めてくれる男性がいたとしたら、自分の自尊心を高める事が出来ます。

こういう女性の場合は特にセックスが好きではなくてもセフレを作ってしまう事があります。

彼氏よりも好きだから

彼氏と付き合ってはいるが、情があってなかなか別れる事が出来なかったり周りの目を気にして別れる事が出来ない女性がセフレを作る場合もあります。

この場合は、いままで説明したパターンとは違いセフレに好意があります。

彼氏と別れる事が出来ないので、相手と付き合う事が出来ないが一緒にいたいからセフレになってしまいます。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった場合のデメリット

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった場合のデメリット

彼氏がいるのにセフレを作る事は当たり前ですがリスクがある行為です。

彼氏にバレてしまったら別れを切り出される可能性があるだけではなく、もし友人や家族にバレてしまったら軽蔑をされてしまう可能性だってあります。

それだけではなく、自分では予期できないような事が起こる可能性もあります。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった場合のデメリットについてご紹介していきます。

関係を持ってから後悔する可能性がある

関係を持つまでは色々な理由があってしょうがないで済ませる事が出来るかもしれません。

しかし、行為が終わったあとによく考えると後悔する可能性があります。

彼氏に対して急に申し訳ない気分になったり、バレてしまったらどうしようとハラハラしたり…。

どんな理由があってもセフレを作ってしまった事を肯定してくれる人は少数です。

なので、セフレを作るのであればその後悔した気持ちは1人で背負っていかないといけないという覚悟がいります。

なにがあっても自己責任

上記の内容とも共通する点がありますが、セフレを作る行為はどんな理由があっても肯定してくれる人は少ないです。

バレてしまって彼氏と別れる事になっても、友人から偏見の目で見られたとしても自己責任になります。

彼氏が相手をしてくれなくて寂しかったからや、セフレからの誘いが凄くてと言い訳をしたとしても結局関係を持ってしまった人が悪いと思われてしまいます。

自分の周りから人が離れてしまう可能性があるというリスクを考えてでもセフレを作りたいのであればしょうがないですが、かなりの覚悟がないとセフレは作るべきではありません。

セフレの方が好きになってしまう可能性がある

セフレの方が好きになってしまう事は彼氏が好きだけど、セックスに不満があってセフレを作った場合に起こるかもしれないです。

セフレと両思いであれば何も問題がありませんが、セフレはあくまでセックスのみを求めてくる関係です。

セフレの事が好きになって、彼氏と別れてしまっても結ばれない可能性が高いのでそうならない様に注意するべきです。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった場合の今後の行動

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった場合の今後の行動

彼氏がいるのにセフレを作ってしまいました。

一般的に悪い事をしているのでそんな時、今後はどうすれば良いのかと迷うはずです。

ここからは様々なパターンと今後の行動の仕方をご紹介していきます。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまった時、どんな行動を取るにしても責任と覚悟が必要です。

彼氏がいるのにセフレを作ってしまって、少しでも後悔しない為にも是非読んでみて下さい。

彼氏に正直に話す場合

彼氏に正直に話す場合は別れる事を覚悟する必要があります。

「セフレがいます」とカミングアウトをして、今後も何事もなく交際を続ける事が出来る可能性は薄いでしょう。

そして、彼氏の悲しむ表情や怒った表情を見ないといけないかもしれません。

今後も付き合っていきたいがどうしても黙っている事が出来なくて、申し訳ない気持ちがあるなら誠意を持って謝罪しましょう。

可能性は低いですが、寂しかった気持ちやセックスに対しての気持ちの違いを伝えれば今後の交際について考え直してくれるかもしれません。

彼氏に黙っていたい場合

彼氏に黙っていたい場合は彼氏だけではなく、友人や身近な人にも黙っていた方が良いでしょう。

誰かに話してしまったら、そこから彼氏にバレてしまう可能性もあります。

そしてセフレにも絶対に誰にも言わない様に口止めをするようにしましょう。黙っていたい場合は、墓まで持っていく覚悟で。

どうしても話したい場合は、本当に信用できる友人までで止めておきましょう。

しかし、その友人が彼氏にバラしたとしても文句を言うべきではありません。

彼氏と付き合いながらセフレとの関係を続ける場合

彼氏と付き合いながらセフレとの関係を続ける場合はかなりの注意が必要です。

絶対に知り合いに会わない場所を選んだり、隠れながら行動をしたり困難がつきまといます。

どうしても関係を持ちたいのであればそういった困難にも耐えて下さい。

また、セフレが本気になってしまわない様に上手くかわす方法を身に付けなければなりません。

身体だけの関係だという事を確認しながら関係を続けていくようにしましょう。

セフレを選んだ場合

セフレを好きになってしまって選んだ場合。

2人の間で悩む必要がなくなりますが、別の事で悩みが出てくる可能性が高いです。

セフレは元々、身体のみの関係をのぞんで関係を持ちます。

今後も交際には発展しない可能性もありますし、交際できたからといって相手が別の女性とセフレ関係になることもありえます。また、周りからはあまり祝福されないかもしれません。

その覚悟を持つ事が出来るのであれば、セフレを選んでも良いでしょう。

彼氏を選んだ場合

正直に話すにしても黙っているにしても彼氏を選んだ場合は今まで以上に彼氏に誠意を持って付き合う様にしましょう。

そして、もうセフレを作るような事が今後ない様に2人の間で可能であればセックスについての話し合いをしましてみましょう。

彼氏を選ぶという事はそれだけ大切な存在という事ですよね。

今後の事をしっかりと考えて交際していきましょう。

彼氏以上にセフレのことを好きになってしまった場合の対処法

彼氏以上にセフレのことを好きになってしまった場合の対処法

彼氏以上にセフレを好きになってしまった時、彼氏とは交際を続けていきたい場合は悩みますよね。

好きになる事は、冷静に考え直したいと思っても気持ちの問題なので冷静に考えられないという事が多いです。

しかし、彼氏との良好な関係を望むのであればしっかりとした対処法を考えるべきです。

ここからは、セフレの事を好きになってしまった時の対処法をご紹介していきます。

ルールを決めておく

自分の中でルールを決めておく事は重要です。

「彼氏と会う頻度を減らさない」や「セフレとはセックスの時以外は会わない」など。

自分の中でルールを決めておくと自制する事が出来ます。

また自分で決めたルールは厳しく守らないといけません。

甘くしてしまうと、歯止めが利かなくなりセフレの事を好きな気持ちが抑えられなくなってしまいます。

そうなると、彼氏ともセフレとも良好な関係ではなくなってしまうかもしれません。

いつでも関係を解消する覚悟を持つ

セフレとの関係は好きという気持ちがあるだけで崩れてしまう可能性が高いです。

セフレは身体を求めて会っている為、気持ちを持たれると面倒くさいと思ってしまう人が多いからです。

後悔しないように自分の気持ちを伝えても、全面に出しても良いですが今後の関係が悪化する覚悟を持つ必要があります。

また、彼氏を選ぶのであればこれ以上好きにならない様に自分から関係を解消するという覚悟も必要です。

気持ちを文字で書き起こしてみる

セフレを好きになってしまった場合、一度冷静になる為にも気持ちを書き出すという方法もあります。

セフレの好きな所やなぜ好きなのに彼氏を選ぼうと思うのか書き出してみましょう。

そうすれば、本当の自分の気持ちが分かるかもしれません。

それで彼氏の事が大切だという事が再確認出来るかもしれないですし、本気でセフレの事が好きだという事が分かるかもしれません。

気持ちだけで突っ走るのではなく、文字で書き出す事で気持ちを整理してみましょう。

相手のことをなるべく考えない

セフレの事を考えれば考えるほど、好きという気持ちが大きくなってしまうかもしれません。

一旦彼氏の事を沢山考える事にして、相手の事をなるべく考えない様にすると気持ちが落ち着くかもしれません。

彼氏に不満があり、セフレを好きになっている場合は一旦2人の事を考えず趣味に没頭したり友達との時間を大切にしてみましょう。

彼氏がいるのにセフレを作る場合はそれなりの覚悟を!

彼氏がいるのにセフレを作る場合はそれなりの覚悟を!

彼氏がいるのにセフレを作る事は一般的には認められる事ではありません。

しかし、どうしても悩みがあったり不満があったりすると逃げたくなってセフレを作ってしまう女性は多くいます。

それはしょうがない事ではあります。

しかし、彼氏がいるのにセフレを作る場合はそれなりの覚悟を持つ様にしましょう。

(愛カツ編集部)