好きな人が欲しいのにできない10の理由

好きな人が欲しいと思っても、恋愛経験が浅かったり、なかなか出会いの機会が持てずに、出会いを増やすことに躊躇していませんか?

今回は好きな人が欲しいときに実践すべきことや出会いを増やす方法についてご紹介します。

好きな人が欲しいときに実践するべき8つのこと

好きな人が欲しいときに実践するべき8つのこと

随分と好きな人がおらず、恋愛から遠ざかっている人もふとした瞬間に「好きな人が欲しい」と思うことがあります。

しかし、あまりに恋愛から遠ざかっていて、好きな人をどうやって作るのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。

ここではまず、好きな人が欲しいときに実践するべき8つのことをご紹介します。

恋愛作品に触れて恋愛スイッチを入れる

あまりに恋愛から離れすぎて、恋愛スイッチをどうやって入れたらいいかが分からなくなったとき、急に出会いの場に行くのは難しい場合には、まず恋愛漫画、恋愛小説、恋愛ドラマや映画を観て徐々に気持ちを慣らしていくのをおすすめします。

どんな作品でも構いませんので、ハッピーエンドになる恋愛系の作品を選びましょう。

そこに描かれているのは、ごく一般の恋愛の物語ではあるかもしれませんが、それぞれに通じる人を好きなる気持ちや相手を思いやる気持ちは共通言語です。

相手を愛おしく思う感情とはどういうものなのかを、自身の初恋を思い出しながら一緒に振り返って見ると、少しずつ恋する感情を思い出していくでしょう。

出会いの場に足を運ぶ

恋愛漫画や小説、映画などで恋する気持ちを思い出したら、まずは異性と出会える場所に足を運びましょう。

ずっと小説や漫画を読んで二次元の世界に浸り続けることはしません。あくまでも、それは恋愛する気持ちを思い出すリハビリです。

それがある程度できたら、あとは実生活で生身の異性に出会えるような機会を多く持つことが大切です。

すぐに恋人候補にならなくともいいので、まずは友人からというスタンスで気軽に出会えるところに出向くのがお勧めです。

人の良いところに目を向ける

出会いの場所で気の合う人と出会うことができたら、関係を築く最初の段階から、相手の良いところをどんどん見つけていきましょう。

恋愛ブランクがあると、理想の恋人像を描きすぎて、それにそぐわない人を初めから排除しがちになります。実際に、そんなに何でも完璧にあなたの理想を満たしている人はほぼ100%いません。

あなたの恋人候補の間口を大きく広げるためにも、相手の良いところを探し、そこを大げさなくらいに褒めちぎりましょう。すると、相手に与える印象は大変良くなり、自分にも興味を持ってもらいやすく恋人になる可能性は高まるといえるでしょう。

環境を変える

好きな人が欲しいと思ったら、仕事の環境、住んでいる環境、そして付き合う人との環境をガラリと変えてみましょう。

これまで好きな人ができなかったのも、慣れ親しんだ環境が楽で、そこから抜けられなかったからということも大きな原因です。

自分の恋人となる人はおそらく自分が知っている生活の枠の範囲の外にいる可能性が高いと思って良いでしょう。

そのため、好きな人を見つけたいと思ったら、仕事・環境・付き合う人をどれか一つでも構わないので変えてみることを試してみてください。

イメージチェンジする

イメージチェンジする

髪型や服の好みなど、これまで持っていた自分のイメージを変えてみるのも、好きな人ができる自分になる方法です。

そんな外見だけ変えて意味があるのかと思う人もいますが、実は形から変えることに意味があるのです。

髪型や服装などの外見が変わった自分を視覚でみたとき、脳がそのままの状態を判断します。そして、やっと脳がそれを認識し思考を変えようとします。

その仕組みをうまく利用して、まずはイメージチェンジをして恋愛脳へ切り替えていくことも有効は手段といえるでしょう。

新しいことを始める

好きな人を作りたいと思ったら、新しいことをどんどん始めましょう。仕事以外でも趣味や習い事などなんでも良いでしょう。

そして、それが異性がたくさん集まるような出会いの場所になるものでなくても良いです。

とにかく自分の興味のあることや長く続けられそうなことをにどんどんチャンレンジしましょう。すると、気持ちも前向きになり、自然と恋愛に目が向くモチベーションが湧き上がってくるに違いありません。

行動範囲を広げる

好きな人を作ろうと思って出会いの場に赴いたり、環境を変えていくと自然と普段の行動範囲が広がり、それが結果としてこれまで出会わなかったさまざまな人達との出会いにつながっていきます。

これまでの自分の行動範囲の中には、好きになれるような人がいなかったから、今のように恋愛から離れてしまうような自分になってしまったわけです。

ですので、好きな人に出会える確率を増やすためにも、行動範囲を広げ、これまで出会えなかった人と出会えるような環境を自ら作り出していきましょう。

好きな人が欲しいのにできない10の理由

好きな人が欲しいのにできない10の理由

好きな人を作るために思考や行動を変えていくが大切だと分かっているのに、それができないのには、やはりそれなりの理由があります。

どんな理由があって、好きな人をできにくくしているのか、その理由を10個挙げてみました。それぞれ、自分に当てはまるものがないか、自分の身を振り返る手助けにしてみてください。

出会いの場に行かず、異性と関わる機会が少ない

長年好きな人や恋人がいなかった人ほど、いざ好きな人を見つけようとしてもなかなか結果が伴わない人がいます。

そんな人に共通していえるのは、出会いの場に行かず異性と関わる機会が少ないということが挙げられます。これまでいた自分が安心できる枠の中では、新たな出会いを探すのは年齢を経るごとに難しいといえます。

なぜ出会いの場に行けないのかの理由はそれぞれですが、面倒臭く感じたり、新たな出会いを億劫がってしまう傾向があるといえるでしょう。

理想が高すぎる

恋人に求める理想が高すぎるため、なかなか好きな人を絞れないという人もいます。

とくに恋愛経験が浅い人ほど、このような傾向が強いともいえます。恋愛経験があるほど、人は付き合う相手には長所や短所があり、それらをすべて含めて受け入れる寛容さが身についてきます。

しかし、そのような人をみる寛容さがまだ持ち合わせられない人は、相手に完璧を求め恋人としての理想を高めてしまいます。そのため、この人なら好きになれるというハードルを上げてしまい、好きな人を簡単に作ることができなくなってしまうのです。

趣味に没頭している

好きな人ができない人は、恋愛よりも自分の趣味に没頭しがちになることも影響しているといえます。

もちろん趣味を持つことは構いませんが、恋愛を楽しむべき時期にそれに気持ちが向かなくなるほど没頭する趣味は持つべきではないかもしれません。

男性でも女性でもゲームや漫画にハマってしまり、気づいたら恋愛を一番楽しく感じられる年齢が過ぎてしまったということにならないよう、恋愛や趣味のバランスをうまくとっていくことをお勧めします。

自分に自信がない

好きな人が欲しいのにできない理由の一つに、「自分に自信がない」ということも大きく影響します。

自分に自信を持ち、自分自身を心から好きになれて初めて、他人に興味をもち愛おしい気持ちを持つことができます。

しかし、幼少期に親からあまり褒めて育てられず、ありのままの自分で良いのだという意識が持てないのなら、それは自分に自信を持つことは難しくなっているかもしれません。

今の生活に満足している

誰かと一緒の時間を過ごすのは、実は一人では満たすことのできない充足感や満足感を得ることができます。

それは自分だけ一人では得られない喜びであり、人としての成長を促すきっかけになります。

しかし、今の自分一人が満足できる生活に満足していると、他者との関わりから得られる喜びを知るよりも目先の楽しさや快適さを求めがちになります。

そのため、そのような自分を成長させる他者になりうる可能性のある好きな人を見つけること自体に意味を見出せなくなってしまうのです。

過去の恋愛にトラウマがある

年齢が若かったり、対人関係の知識や恋愛関係の作り方がわからない時期には、ときとして恋愛で傷ついたり、それが心のトラウマになることもあります。

そのよう恋愛トラウマがある人にとっては、新たな恋愛のきっかけとなる好きな人を作ることでさえ臆病になってしまうこともあるのです。

しかし過去の恋愛にトラウマがあろうとも、それは過去の出来事であり、これからのあなたや恋愛には関係はありません。それが気持ちとしては分かっていても、過去の恋愛から受けた傷が深いほど、もう同じ思いや経験はしたくないとバリアを張ってしまうのです。

他人を減点方式で見てしまう

他人を好きになるのに、恋愛対象としての相手を減点方式でみるタイプの人は、好きな人ができにくいタイプといえます。

なぜ他人を減点方式でみてしまうのか、それは恋人となる相手に完璧を求めており、自分の理想に完全に合致する人だけが自分の恋人候補となりうると考えているのです。

しかし何度も繰り返しますが、完璧な人はいないのに、自分だけは特別と考え、自分のことは振り返らずに相手のことだけを採点してしまうのです。

めんどくさいが口癖

好きな人が欲しいという割には行動が伴っていない人の特徴として、新たな出会いに対して「めんどうくさい」という口癖があるということがあります。

なぜ出会いに対して面倒と思ってしまうのでしょうか。それは先述のように自分に自身がなく対人関係や恋愛で傷つくのが怖いため、出会いを求める前に諦めているということがあります。

心の底では、誰かとの出会いを求めているのに自分を守りたいがために、はじめから出会いの機会をつむいでしまっているのです。

元カレ・元カノと比較してしまっている

元カレや元カノと新たに出会った異性を比較しがちな人は、好きな人をできにくくしてしまっている人といえます。

過去に付き合っていた人に未練があるほど、そういう傾向が強いのですが、元サヤに戻ってうまく恋愛関係が続くことはまれです。

ですが、それが気持ちとして受け入れられないと、いつまでも気持ちを引きずり新たな出会いの間口を自ら狭めているといえます。

また新たに出会った人も、過去の恋愛関係にあった人と比べられて良い気持ちになる人はいません。その考え方を改めない限りは、新たに好きな人を作るのは難しいと言わざるを得ません。

好きな人が欲しいときに出会いを増やす方法

好きな人が欲しいときに出会いを増やす方法

自分のこれまでの恋愛傾向や恋愛に対する考え方のクセを知り、それらを修正しながら、それでも新たな恋愛を始めたいと思うのなら、積極的に異性との出会いを増やしていきましょう。

最後に好きな人が欲しいときに出会いを増やす方法をいくつかご紹介しましょう。

合コン・街コン

以前よりあった合コンや、今流行りの街コンは、手早く出会いを増やせる方法です。

合コンなら、友達に積極的に声をかけ、合コンの機会を作ってもらいましょう。可能なら自分で合コンをセッティングすることもできますよね。

また街コンも、これまであまり関わることのできなかった異性と出会う良いきっかけにもなります。街コンを主催する会社のホームページなどを参考に、行きたいと思える街コンに参加するのも一つの良い方法です。

恋活アプリ・サイト

今や恋活アプリやサイトを利用する人が増え、出会いを求めるツールとして珍しいものではなくなっています。

この恋活アプリやサイトは、それこそ出会いの間口が広がり、これまでまったく接点のなかった異性と出会えるというメリットがあります。

住む場所や仕事、趣味も違う相手とアプリやサイトを通して、関係を築いていくのにはじめは抵抗があるかもしれません。もちろん、なかには遊びを目的に出会いを求める人もいますが、そのような人を見極める目が必要です。

飲み会

会社の同僚との飲み会や、友達通しの飲み会など出会いにつながる方法は実は身近にあります。

普段はあまり気乗りのしない飲み会でも、その場で仲良くなった人の友達を紹介されたり、また別の機会に合コンを設定してもらえることもあります。

本気で誰かと出会いたいと思うのなら、なんでも試してみるという気持ちで飲み会にも積極的に参加するのも良いでしょう。

習い事

最近ではいろいろな習い事が増え、男性女性に関わらず、一緒に楽しめる趣味や習い事も増えてきました。

もしあなたが習い事での出会いを希望するのなら、出来るだけ異性が多くいるような習い事を選ぶことをお勧めします。

そこで同性しかいないような習い事を選んでしまうと、結局習いごとや趣味に没頭してしまうことになり兼ねません。

ですので、出会いが目的とした習い事をするのなら、ぜひ異性がどのくらいの割合でいるのかどうかも習い事を選ぶポイントにすると良いでしょう。

好きな人を作るには自分を振り返り、行動するのみ!

好きな人を作るには自分を振り返り、行動するのみ!

好きな人が欲しいと思ったら、くよくよ考えている時間はありません。あなたの大切な時間はどんどん過ぎていきます。

その大切な時間を無駄にしないためにも、失敗しても良いのでどんどん新たな出会いを求めて行動していきましょう。

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)