女子のわがまま行動

いい感じだと思ってた男子にフェードアウトされてしまう、付き合ってもなぜかフラれてしまう……。

その原因は、男子から「わがまま」と思われているケースがほとんどです。

今回は男子にガッカリされる、女子のわがまま行動についてまとめてみました。

女子のわがまま行動

遅刻が続く

男子が幻滅する最たるものは、遅刻です。

遅刻は相手の時間まで奪ってしまうもの。女子都合で自分の時間が無駄になるため、結果として男子から「自分勝手でわがまま」と思われてしまいます。

特に5分以上の遅刻が続くと、恋が終わる可能性が一気にアップ。

デートの前の予定はキツキツに入れないようにするなど、遅刻のリスクを減らす工夫をしっかりとしておきましょう!

「やっぱり、もういい」が口癖

男子は一度計画したこと、決めたことを覆す女子が好きではありません。

論理性がないと「わがままだ」と判断して、恋を終わらせてしまいます。

残念女子は、デートなどで「やっぱり、もういい」と計画していたことをやらない方向に持って行っていきがち。

気になる男子とのデートでは、体調不良などやむない理由があるとき以外は、一度計画したことをキャンセルしないように心がけましょう。

そして、キャンセルするときはしっかり男子に理由を伝えること。そうすると、「わがまま」と一方的に判断されることを回避できます。

後日不満を言う

デートで機嫌が悪くなったり、納得がいかなかったりした際に、残念女子は後からメールやLINEで伝えることが多いです。

これは、男子が恋を終わらせようと思う代表的な残念行動の1つ。

不満があるならば、その場で伝えることが、男子と長く付き合う上で重要なポイントです。恋愛は双方向だということを心に留めておきましょう。

彼が楽しかったと思っていたデートも、後から「不満があった」と一方的に伝えられたら、男子としてはわがままに感じるだけでなく、傷つきます。

このネガティブな気持ちの積み重ねによって、ほとんどの恋の芽は枯れてしまいます。

ドタキャン・直前変更

残念女子は、気分でデートの予定を先延ばししたり、行く場所を変えたりする傾向がとても強いです。

一方、男子側は、しっかり計画を立ててデートに臨むことがほとんどなので、こういったドタキャンや直前の変更が多くなってくると、これは付き合えないな……と考えます。

男子は「ある程度コントロールをしたがる」ことをしっかり理解しておくことが重要です。

当てはまったら改善を

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

1つでも当てはまるなと感じた方は、すぐにデートでの行動を見直しましょう!

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)