彼氏を癒やす言葉

仕事などで疲弊した男子が、恋人に求めることの大きな1つが「癒し」です。

癒しを与える言動をすると、疲れた男子の心をつかむことができます。

男子が「恋人に言われると癒される!」と感じる、そんな言動を4つお伝えします。

彼氏を癒やす言葉

言動1.「頑張っている姿って格好良いね」

男子は、褒めてもらいたいと感じている人がほとんどです。

一方で、仕事では頑張ったところで褒めてはもらえないこともあるので、そんなときは疲れやすいです。

このような場合、恋人から、自分自身の頑張りを褒めてもらう言動をしてもらうと、心がほっとします。

まさに仕事を頑張っている男子に対する癒しの言葉です。仕事の内容というよりも、仕事に対する男子の姿勢を褒めてあげる言動をすると良いでしょう。

言動2.「おちゅかれ」

癒しにおいて笑いは非常に重要です。仕事で疲れている男子が、思わず顔が緩んでしまうような軽いもので大丈夫です。

仕事の後、食事や軽いお酒の席で会ったときに、あえて、少し赤ちゃん言葉のようなものを発してあげると、ギャップで笑いや気を緩ませることができます。

その結果、癒しにつながります。乾杯の第一声や、男子と会った最初の言葉であえて使ってみると効果的です。

言動3.「甘えて良いよ」

彼氏を癒やす言葉

仕事で鎧兜をつけている男子が、それを外しても良いんだと感じられる言動、それが男子の癒しにつながります。

「甘えて良いよ」とあえて女子側から伝えてあげることで、男子は鎧兜を脱ぎやすくなります。

仕事ができて、紳士的な気遣いができる男子ほど、デート中もあるていど鎧兜を身にまとった状態であることが多いです。

そんなときに、先んじてこの言葉を発してあげると、男子はずいぶん気持ちを楽にデートの時間を楽しむことができます。

言動4.「癒してあげる」

言霊の力も借りるという発想も持ちましょう。癒されたい男子には、「癒し」という言葉を投げかけてあげるようにしましょう。

「リラックスして良いよ」と伝えるよりも「癒してあげる」と伝えた方が、男子としては、より安心感や開放感が持ちやすくなります。

恋人という近い距離感だからこそ、シンプルな「癒し」という言葉で、男子はいろいろなイメージを膨らませることができ、結果として癒される度合いも高まっていきます。

おわりに

今回は恋人からという視点でしたが、まだ恋愛関係になくとも、今回の言動で男子を癒すことができますので、使うタイミングは注意しつつぜひトライしてみてもよいと思います。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)