出会いの新定番「恋活アプリ」。アプリなんて恥ずかしいなんてあなたは、もう古いかもしれません。

とはいえ、調査を進めると「使ってよかった派」と「全然いい人に出会えなかった派」の二極化が進んでいるとのこと。

そこで今回は、幸せを見つけることに特化した、恋活アプリの有効活用法をまとめました。

恋活アプリで幸せを掴む

自己紹介にはしっかり希望を記載

普段出会うチャンスが無い人と出会えるとはいえ、ネット経由での出会いともなれば、情報が極端に少なくなるもの。できるだけ、自己紹介を充実させると、相手も興味を持ちやすくなります。

とくに、自分が「どんな人を希望しているか?」を、しっかり載せておくことは非常に大切です。曖昧だと、数は当たるかもしれませんが、全部イマイチだった……なんてことも。それだと結局、時間の無駄になってしまいます。

いろいろな人とマッチングできるチャンスが多いからこそ、自分の希望とピッタリの人と出会えるよう意識。ワンクリックで趣味を選べたり、タイプの人を入力できたりするので、できるだけ多く、希望を盛り込むのが正解です。

そして、こちらからも積極的に相手を検索するのが◎。待っているだけでは、恋活市場で勝ち残れません。しっかりと、こちらからもマッチング希望を送っていきましょう。

マッチングしたら褒めてお礼を

「まさか、こんなピッタリな人がいるなんて!」と思えるほど、いい男性とマッチングできたとしましょう。このチャンスは逃せない! と必死になって、自分の勢いを押し付け、猪突猛進!! なんてことはありませんか? 逆に、私なんて……と、向こうからのやり取り待つなんて体勢もNGです。

マッチングできたなら、まずはお礼と共に、「自分の希望=いいなと思っている理由」を添えて、相手を褒めていきましょう。「〇〇好きって見て、いいなと思いました」「〇〇とか〇〇とか話が合いそうだなと思って」といったメッセージがよさそうです。

共通点を探して会話する

マッチングしたとはいえ、まだまだお互いのことは知らない状態。どちらも心に壁がありますし、実際のところは不安だらけですよね。仲良くなるきっかけを掴むには、「共通点」を探すところからスタート。

彼のプロフにあるものに触れてもいいですし、好きなもの、仕事、学生時代の過ごし方、生活のなかでのちょっとしたこだわりなど、ネガティブな話題になりにくい話題で質問してみましょう。

嫌いなものや、苦労話は、否定的な気持ちになることもあるので、いまはお預け。家族の話題も、もしかするとデリケートな問題があるかもしれないので、追求しすぎないほうがよさそうです。

とにかく、会うことが肝心!

やり取りをはじめて、少しでも合うようであれば、とにかく会うことが大切です。100%自分の理想とピッタリの相手を見つけるのは難しいですし、それが幸せに繋がるとも限りません。会ってみて初めて、気づく魅力もたくさん! こちらから軽くお誘いしてみるのもひとつです。

会ったらといって、付き合わないといけないというものではありません。まずは目と目を合わせて、相手を直に感じてみてください。ネットでの出会いという性質上、万が一……なんてこともあるので、人の多いお店をチョイスして、遅い時間は避けたほうが賢そうです。

おわりに

古いなんて冒頭でつづったものの、アプリで出会うのは不安という方も多いと思いますし、アプリを使うなんて恥ずかしいという方もいるかもしれません。

でもこれも経験のひとつ。固く考えすぎず、人生経験の一環として試してみるのはいかがでしょう?

アプリだからこそ出会えるピッタリの人がいる可能性だって、試してみないことには可能性0のままなのですから。

(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)

(愛カツ編集部)