モテない理由

恋愛に対して積極的になれずにいると、「自分を好きになってくれる人がタイプ」と受け身の姿勢をとってしまう人もいるのでは?

でも、そんな「待ち」体質の恋をしていると、余計にモテなくなってしまう可能性があります。

そこで今回は、その理由と対策をご紹介します。心当たりのあるあなた! 必読です!!

モテない理由

「ありのままの自分」で本当にいいの?

「好きになってくれる人がタイプ」という人は、そのままの自分を好きになってくれる相手を待ってしまう傾向にあります。

それにより、自分磨きを怠る原因にもつながります。もちろん、自分らしさや、いま持っている魅力は大切にすべきですが、努力をしないことは別もの。

自分らしさや自分の良いところをさらに磨くことで、もっと魅力的な人に出会うことができるはずです。

スタイルを保ったり、スキルアップをしたり、自分なりに魅力を向上させる何かを始めてみませんか。本を読んだり、映画を見たり、教養を深めたり感受性を豊かにしたりするのもおすすめです。

相手の長所を見逃しがちだから

好きになってくれる人を待っていると、「自分がどう見られるか」を中心に考えてしまいます。それは視野を狭くする原因で、相手の長所に気付いたり、褒めたりする習慣が身につかず、恋に発展しにくくなってしまうことも……。

いつでも、だれに対してでも、「いいところ」を探して、褒める習慣を身に着けましょう。

いろいろな人の長所を観察していけば、いままで気づかなかった相手の魅力に気づけるもの。また、自分の魅力をどう磨いて、どう見せていけば魅力的に見えるかを学ぶことにもつながります。

自分を悲観してしまうから

好きになってくれる人を待っているのに、一向に相手が現れないと、「自分には、好きになってもらうだけの魅力がないのでは」と不安になってしまうもの。

その不安は、自身までもむしばみます。「誰かに好きになってもらいたい→好きになってもらえない」これを繰り返すと、私なんて……と悲観したり、モテている子を、羨ましく思ったりしてしまいます。

恋に「絶対」はありません。自分の長所だと思っている部分には一切興味を示さず、欠点だと思っている部分に、惹かれてくれる男性だっているもの。

人に好かれようとせず、どんな人に対しても自然体でいられるよう、日ごろから心を落ち着かせる癖をつけていきましょう。

おわりに

付き合うだけなら、「好きになってくれる人」と恋をするのが一番ラクかもしれません。

でも、そのうち本当の自分の気持ちとも向き合わなければいけません。その人は、本当に心の底から愛せる人でしょうか?

これに加えて言えるのは、みんな自分を想ってくれる人が好きだということ。想ってもらえるのを待っているだけだと、その分チャンスを逃してしまう可能性大。

付き合える可能性を上げるためにも、付き合った後にずっと幸せを感じるためにも、積極的に人を好きになって、そんな自分を好きになれるよう、努力してみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)