脈なしゆえの発言

一緒にいるときは楽しくて、会話も弾んだはずなのに、その後の進展がなし……。そんな経験はありませんか?

言われて嬉しいセリフのなかにも、実は脈あり・脈なしを判断できる要素が隠れています。

そこで今回は、脈なしだからこその表現をチェック。相手の発言のなかで、今から紹介する言葉がみられるなら脈なしと見たほうが賢そうです。

脈なしゆえの発言

「その日は都合が悪くて……」

デート、グループでのお出かけ、飲み会などにお誘いしたとき、残念ながら断られてしまった……。

そんなときの断り文句が、「都合が悪い」という、なんだかモヤっとしたものなら、脈なしの可能性が高いかもしれません。

脈ありであれば、まず「相手を傷つけたくない」「行きたいけど本当に行けないことを理解してもらいたい」「できる限り誠実な印象を与えたい」と願うもの。

ハッキリした理由を言わず、「○日ならどう?」と、代替案すらないのであれば、残念ながら脈なしの可能性が高そうです。

「それも、かわいいと思うよ」

褒めてもらえると嬉しいですよね。でも、その「褒め方」にも、脈あり・脈なしが隠れていることがあります。

たとえば、服や髪型に対して、「それも、かわいいと思うよ」といった表現の場合、どちらかというと「一般的に見て良いセンスだね」という意味が強いかもしれません。

つまり、個人的にはそれほど、興味がないことがうかがえてしまいます。

もし、「こっちのほうがかわいいね」「僕は○○のほうが好みかな~」と、個人的な意見を述べてくれるなら、脈ありを期待してOK。「かわいい」にも種類があるのです。

「ひとりで大丈夫?」

心配してもらえると、大切に思ってくれているのを感じて、脈ありを期待してしまうことがあるかもしれません。

でも、彼が「なぜそういったか」「どういうつもりか」を、よく考えてみると、脈ありか脈なしかが見えてきます。

仕事や飲み会などの帰りにありがちな、「ひとりで大丈夫?」というセリフ。わかりやすく心配してくれているようにも見えますが、「なにか言われたら送っていこう」という、少し距離をおく様子が読み取れます。

もし脈ありなら、「ついていこうか?」「送っていくよ」と、積極的な言葉や行動がセットとなるもの。

そう、この言葉には、「俺がこの子を守る」という意思が感じられないのです。

「その服、エロいよね」

好意を持っている相手なら、異性として魅力を感じてもらえることは、嬉しいことですよね。

狙っている彼から、性的魅力を感じるというニュアンスのことを言われれば、「やった!」と思えるかもしれません。

そんなときには、相手の言い方に要注意。

「その服、エロいよね」という、どちらかというと下ネタ系の言い方をされたのなら、「女性に引かれてしまうことを心配していない=脈なし」の可能性が高いかもしれません。

褒めてはいても「ヤりたい」くらいでしかないのが現実。

同じようなワードでも、「セクシーだね」「大人の魅力を感じる」といった、上品な褒め言葉であれば、脈ありの可能性もありそうです。

おわりに

褒められた! 心配してくれてる! という表面上のセリフだけで、脈ありだと決めつけないほうが結果的には上手に恋を進めることができます。

いま現在の距離感を掴めば、粘り強く恋の雰囲気にもっていくのか、次の相手に狙いを変えるのか、その判断もしやすくなるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)