自分を好きになる方法

誰かに好きになってもらいたいなら、まずは自分を好きになることから。

あなたは、いまの自分に自信がもてますか?「はい!」と言える方は、そう多くないと思います。

もっともっと素敵なあなたになるために、そして、あなた自身を好きになるために。精神科医である筆者が、できることをまとめました。

自分を好きになる方法

服やメイクに気を遣う

こんな言葉があります。「1日を幸せに送ろうと思えば、髪を切るといい」。素敵な装いは日々にうるおいを与えます。

メイクやおしゃれの選択肢が多いのは女性の特権。

お気に入りの服やアクセサリーに身を包み、念入りにメイクを。それだけで、気分があがりますし、自分に自信を持つことができます。

エステやマッサージに通う

エステやマッサージといった自分の体のメンテナンスが、自分磨きのわかりやすい一例。通うことで、「私は努力をしている!」という自信にもつながります。

また、人の手に触られれば、リラックス効果もあるもの。マイナス思考をリセットして、自分を好きになる後押しをしてくれることは間違いありません。

やりたくないことはしない

そんなことができれば、苦労はないと思うかもしれません。ですが、嫌な事のなかにも「絶対にしないといけないわけじゃない」ものが含まれているはず。

ストレスは心身の疲労を招き、マイナス思考を招きます。自分を大事にしようという気持ちを失わせてしまうのです。

やらなければならないことと、やらなくてもいいことをしっかり仕分けして、自分自身を労わってあげましょう。

仕事や学校で無理しない

よく、頑張ることは尊いと言われます。しかし、度を越えた負担があるとしんどくなりますし「できない自分」を意識することになります。

たとえ、それが到底不可能なタスクだったとしても、できない自分を責めてしまうのです。

そうなると、自己肯定感は下がる一方。自分のできる6~7割の力しかださないように心がければ、自分を輝かせる意欲や余裕が出てくるはずです。

「誰のせいでもない」と考える

生きていれば失敗はつきもの。そんなとき自分を責めると「私はだめな人」という自己暗示をかけ続けてしまうことになります。

そうなってしまうと、自己肯定感が上げられなくなりとっても危険。

「今回のミスは誰のせいでもない」「悪いことが起こったけれど自分のせいではない」という考え方をしていけば、自己否定する習慣から抜け出す手助けになります。

おわりに

自己肯定感を上げることは、簡単なことではありません。

その理由の主なものは「自己肯定感をあげる方法を理解していない」「自己肯定感をあげる方法を知らない」こと。

簡単なものですが、今回の記事に書いた方法を試してみるだけでも、あなたの自己肯定感は少しずつ上がっていくはず。

積み重ねれば、その肯定感が「モテ」を作ってくれるはずです。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)